ASCO2011:EGFR変異陽性患者における1stライン治療でエルロチニブは生存上利益をもたらす可能性

e0156318_186226.jpg


そういえばこれアップしてなかった。

Erlotinib vs chemotherapy (CT) in advanced non-small-cell-lung cancer(NSCLC) patients with epidermal growth factor receptor (EGFR) activating mutations: Interim results of the European Tarceva vs Chemotherapy (EURTAC) phase III randomized trial

目的:
 ファーストライン治療としてのerlotinib単剤と標準的化学療法を
 比較する第III相試験である。

方法:
 18歳以上白人で化学療法施行歴のないEGFR変異陽性
 (exon19 deletion or exon 21 L858R mutation)の
 IIIB/IV期のNSCLC患者173例をランダムに割り付け。
 erlotinibは150mg/日の経口投与を1日1回、
 PDになるまで続けた。標準化学療法は、白金ベースの2剤併用を
 3週ごとに4コース実施。
 プライマリエンドポイントはPFS、セカンダリエンドポイントは
 ORR、OS、安全性とした。
 
結果:
 86例がerlotinib群、87例が標準化学療法群に割り付けられた。
 年齢中央値はともに65歳で、各群とも女性(67%、78%)、
 非喫煙者(66%、72%)が3分の2以上を占め、EGFR変異は
 66%、67%にexon 19 deletion、34%、33%にL858Rが
 認められた。その結果、PFSはerlotinib群で9.7ヶ月、標準化学療法群で
 5.2ヶ月と有意に前者での延長がみられた(HR0.37、P<0.0001)。
 サブグループ解析において年齢、性別、PS、EGFR変異のタイプによる
 いずれのサブグループにおいてもerlotinib群では化学療法を
 上回るPFSの改善効果がみられた。喫煙状況によるサブグループ
 解析では、喫煙歴のあに症例群においてのみerlotinibによる
 PFSの有意な改善がえられた。OSはnot reached。

結論:
 白人のEGFR変異陽性の進行NSCLC患者における
 ファーストライン治療としてのerlotinib単剤治療は、
 従来の白金ベースの2剤併用化学療法に比べて
 生存利益が大きい可能性がある。
 

by otowelt | 2011-06-30 06:47 | 肺癌・その他腫瘍

<< 吸入ステロイドは、COPD患者... エコーガイド下鎖骨下静脈カテー... >>