成人癌患者において非PICC中心静脈カテーテルはBSIを増加させる

現場では肘静脈からグローションカテーテルを
挿入することが多いため、BSI発生率については
なんとなくPICCのほうが多いような気もしている。

Catheter-associated bloodstream infection incidence and risk factors in adults with cancer: a prospective cohort study
Journal of Hospital Infection (2011) 78, 26-30


背景:
 中心静脈カテーテル関連血流感染症(CABSI)は
 癌患者の合併症を著しく増加させる。中心静脈カテーテルが
 必用である血液・腫瘍部門の成人患者を対象として
 プロスペクティブコホート観察研究を実施。

方法:
 CABSI発生率とリスク因子の評価を施行。
 中心静脈カテーテル挿入は、インターベンショナルラジオロジー
 専門施設の熟練した技師が超音波ガイド下で挿入。
 患者727人の合計1127の中心静脈カテーテルを
 51514ライン・日にわたって評価した。
 
結果:
 CABSI発生率は1000ライン・日あたり2.50件。
 CABSI に関連する因子は、中心静脈カテーテルタイプ
 (PICCと比較して、非トンネル型はHR3.50、P <0.0001、
 トンネル型ラインはHR1.77、P=0.011。中~高悪性度
 血液悪性腫瘍もリスクが高くHR3.17、P = 0.0007であり、
 食道癌、結腸癌、直腸癌は低リスクだった。
 中~高悪性度血液悪性腫瘍の患者において、PICCと比較して、
 非トンネル型でCABSIリスクが有意に多く(HR3.9、P<0.001)、
 右側に挿入した場合のほうがリスクが高かった(HR1.62、P=0.047)。

結論:
 成人癌患者に対してCABSI発生率は非PICCカテーテルで
 上昇する可能性がある。

by otowelt | 2011-07-05 06:52 | 感染症全般

<< CRP4.8で、感度・特異度9... 吸入ステロイドは、COPD患者... >>