31歳のALK遺伝子再構成がみられた肺腺癌の1例

Case 21-2011: A 31-Year-Old Man with ALK-Positive Adenocarcinoma of the Lung
N Engl J Med 2011;365:158-67.


31歳のALK遺伝子再構成がみられた肺腺癌の1例が
今週のNEJMのMGH caseに掲載されていた。

Shaw医師の言葉で、ALKがインスリン受容体スーパーファミリーに
属するTKであることを知った。
e0156318_8542767.jpg

by otowelt | 2011-07-15 06:40 | 肺癌・その他腫瘍

<< ESC耐性淋菌H041株 AIDS合併ニューモシスティス... >>