胸水を血液培養ボトルに入れると病原菌同定に利益

そういえば、胸水を血液培養ボトルに入れていいのか
よく議論になっていた。

Blood culture bottle culture of pleural fluid in pleural infection
Thorax 2011;66:658-662


背景:
 胸腔内感染症はよくみられるが、特にグラム陰性菌、ブドウ球菌、
 嫌気性菌混合感染による場合は30%をこえる疾病率死亡率を呈する。
 通常の胸水培養は、40%で陰性である。
 血液培養ボトルに胸水を注入することで
 微生物培養産生が増え、経済的にも安いかもしれない。

目的:
 穿刺した胸水を血液培養ボトルにいれることで
 胸腔内感染が通常の胸水培養に比べて
 培養陽性率を増やすかどうかをみる。また、
 培養の適切な量を評価する。

方法:
 62人の患者で胸腔内感染があるものが登録された。
 好気性、嫌気性の血液培養ボトルにベッドサイドで
 2ml、5ml、10mlの胸水が注入された。
 また2検体が通常培養にまわされた。
 ※1つはRoyal Free Hospitalへ
 9人のコントロール患者が”偽陽性”をみるために
 胸水を穿刺された。

結果:
 通常培養に血液培養ボトルを加えることで
 病原菌の同定の比率が20.8%上昇した。
 (20/53 (37.7%)から31/53 (58.5%) (difference 20.8%,
 95% CI difference8.9% to 20.8%, p<0.001))
 Royal Free Hospitalでの二次培養では
 培養陽性率を上昇させなかった(19/49(38.8%) to 22/49 (44.9%)
 (difference 6.1%, 95% CIdifference -2.5% to 6.1%, p=0.08))。
 注入量に関して差はみられなかった。
 コントロール患者において培養は全て陰性であった。
e0156318_19225683.jpg

結論:
 胸水を血液培養ボトルに注入することで、
 通常培養に加えて病原菌同定率が上昇する。
 この技術はルーチンケアにおこなうべきであろう。

by otowelt | 2011-07-29 19:24 | 感染症全般

<< アジア・アフリカにおけるロタウ... 孤立した農村地域のCOPD患者... >>