iNSIPの50%が自己免疫疾患に関連

ERJ、NSIPの論文。
カルテからの情報をレビューしたもので
seronegativeなものをiNSIPとしているようだ。

Idiopathic nonspecific interstitial pneumonia: an interstitial lung disease associated with autoimmune disorders?
Eur Respir J 2011; 38: 384–391


背景:
 近年、特発性NSIP(iNSIP)は、他の特発性間質性肺炎の間では
 臨床的に明白に実証される疾患であり、あるデータによれば
 病理学的に自己免疫の役割によって起こっている可能性が示唆されている。
 このスタディの目的は、iNSIPが早期の肺にみられた場合にそれが
 自己免疫疾患の表現であるかどうかを評価したものである。

方法:
 診療録データベースから、NSIP(563人)のキーワードによる
 初期症例レビューから、37人のiNSIP症例が同定された。
 
結果:
 iNISPのうち27人が登録された。平均±SD年齢は54.2±8歳で
 70%が女性、59%が非喫煙者であった。
 フォローアップ(平均±SD59.7±29 months, range 12–138 months)
 において、自己免疫疾患は14人(52%)の患者に起こり
 7人(26%)は自己免疫甲状腺炎、6人(22%)はUCTD、3人(11%)は
 膠原病を発症した。自己免疫疾患を発症した患者は、
 より高齢であり、またより非喫煙者女性である傾向にあった。
e0156318_19334122.jpg
結論:
 iNSIPと診断されたうちの50%が、2年以内に
 自己免疫性疾患にいたる。
 これはiNSIPと自己免疫機能との関連を示唆するものである。

by otowelt | 2011-08-01 19:34 | びまん性肺疾患

<< 安定期COPDにおける診断とマ... アジア・アフリカにおけるロタウ... >>