安定期COPDにおける診断とマネジメントのガイドライン

安定期COPD患者のマネジメントは
奥が深いといつも思っている。
呼吸器内科医必読。

Diagnosis and Management of Stable Chronic Obstructive Pulmonary Disease: A Clinical Practice Guideline Update from the American College of Physicians, American College of Chest Physicians, American Thoracic Society, and European Respiratory Society
Ann Intern Med. 2011;155:179-191.


方法:
 このガイドラインは、2007年3月から2009年12月までの
 アップデートされた文献にかんがみてエビデンスを評価し、
 2007年ACPガイドラインのアップデートをおこなう。

推奨1:
 ACP, ACCP, ATS, ERSは、呼吸器症状がある患者の気道閉塞の
 診断のためスパイロメトリーを施行すべきである
 (Grade: strong recommendation, moderate-quality evidence).
 スパイロメトリーは呼吸器症状のない患者の気道閉塞の
 診断に用いるべきではない。
 (Grade: strong recommendation, moderate-quality evidence).

推奨2:
 呼吸器症状があり、なおかつ予測FEV1が60%-80%の安定期のCOPD
 患者において、ACP, ACCP, ATS, ERSは吸入による気管支拡張薬を
 使用すべきと推奨する。
 (Grade: weak recommendation, low-quality evidence)

推奨3:
 呼吸器症状があり、なおかつ予測FEV1が60%未満の安定期のCOPD
 患者において、ACP, ACCP, ATS, ERSは吸入による気管支拡張薬を
 使用すべきと推奨する。
 (Grade: strong recommendation,moderate-quality evidence)

推奨4:
 呼吸器症状があり、なおかつ予測FEV1が60%未満のCOPD患者には
 ACP, ACCP, ATS, ERSは、長時間作用型の抗コリン剤、もしくは
 長時間作用型β刺激薬(LABA)の処方を推奨する。
 (Grade: strong recommendation,moderate-quality evidence)
 処方医は患者の嗜好、経済的コスト、副作用などに基づいた
 特異的な単剤療法を推奨すべきである。 

推奨5:
  安定期のCOPDで予測FEV1が60%未満の場合、
 ACP, ACCP, ATS, ERSは
 吸入治療(長時間作用型抗コリン薬、LABA、吸入ステロイド)を
 併用してもよいであろう(may)と推奨する 。
 (Grade: weak recommendation, moderate-quality evidence)

推奨6:
 臨床医は、予測FEV1が50%未満の呼吸器症状があるCOPD患者において
 呼吸リハビリテーションをおこなうようACP, ACCP, ATS, ERSは推奨する。
 (Grade: strong recommendation,moderate-quality evidence)
 臨床医は、予測FEV1が50%を超えた呼吸器症状があるCOPD患者において
 あるいは運動制限が必要な患者に対して、呼吸リハビリテーションを
 おこなうよう考えてもよい(may)。
 (Grade: weak recommendation, moderate-quality evidence)

推奨7:
  臨床医は、重度の安静時低酸素血症(PaO2が55mmHg以下あるいは
 SpO2が88%以下)であるCOPD患者において、ACP, ACCP, ATS, ERS
 は、継続的な酸素療法を処方するよう推奨する。
 (Grade: strong recommendation, moderate-quality evidence)

by otowelt | 2011-08-02 09:19 | 気管支喘息・COPD

<< NPPVのまれな適応について iNSIPの50%が自己免疫疾... >>