アジスロマイシン1年間内服によりCOPD急性増悪のリスクが減少

呼吸器内科必読。
当然ながらこの論文のディスカッションでは、耐性菌の話も書いている。

Azithromycin for Prevention of Exacerbations of COPD
N Engl J Med 2011;365:689-98.


背景:
 COPD患者における急性増悪は悪影響を及ぼす。マクロライド系抗菌薬は
 いろいろな炎症性気道疾患がある患者に利益があるとされている。

方法:
 COPD増悪リスクは高いが、聴覚障害・安静時頻脈がなく
 補正QT間隔延長リスクもないCOPD患者を対象に
 アジスロマイシンによってCOPD増悪の頻度が低下するかどうか検討。

結果:
 スクリーニング1577例のうち1142例(72%)を1年にわたって
 標準治療に加えてアジスロマイシン250mg/日を投与する群(570 例)と
 プラセボを投与する群(572例)にランダムに割り付。
 1年間追跡を完了した患者の割合は、アジスロマイシン群89%、
 プラセボ群90%だった。初回のCOPD増悪までの期間の中央値は
 アジスロマイシン群で266日(95%CI 227~313)であり、
 プラセボ群では174日(95% CI 143~215)であった(P<0.001)。
 COPD増悪の頻度は、アジスロマイシン群で患者年あたり1.48回であった。
 また、プラセボ群では患者年あたり1.83回であり(P=0.01)、
 前者のCOPD急性増悪発生HR0.73(95% CI 0.63~0.84)(P<0.001)。
 St. George呼吸器質問票スコアの改善は、アジスロマイシン群のほうが
 プラセボ群よりも大きかった(低下平均 [±SD] 2.8±12.8 vs 0.6±11.4、
 P=0.004)、最小の有意差である4以上の低下がみられた患者は
 アジスロマイシン群で43%、プラセボ群で36%(P=0.03)。
 聴力低下はアジスロマイシン群で有意に多くみられた(25% 対 20%,P=0.04)。
e0156318_11341412.jpg
結論:
 安定したCOPD患者において、標準治療にアジスロマイシンを1年間
 毎日服用することで、COPD増悪の頻度が低下しQOLも改善した。
 少数の患者で聴力低下が生じた。
 この試験によって病原微生物の薬剤耐性様式が変化する可能性もある。

by otowelt | 2011-08-26 11:34 | 気管支喘息・COPD

<< O104大腸菌による溶血性尿毒... 発展途上国における小児市中肺炎の治療 >>