O104大腸菌による溶血性尿毒素症候群への血漿交換療法

ドイツで話題になったO104の話。

Management of an acute outbreak of diarrhoea-associated haemolytic uraemic syndrome with early plasma exchange in adults from southern Denmark: an observational study
Lancet 2011; DOI: 10.1016/S0140-6736(11)61145-8.


背景:
 下痢関連溶血性尿毒素症候群は、成人において致命的な病態であるが
 急性の溶血性貧血、血小板減少、腎障害をきたすきわめて稀な
 多臓器にわたる疾患である。われわれは、
 これについて血漿交換療法によるマネジメントの成功について評価をした。

方法:
 下痢関連溶血性尿毒素症候群と診断された、南デンマークの患者において
 毎日の血漿交換を施行。便培養、血清学的検査がおこなわれ
 血小板、GFR、LDHなどの項目が評価された。

結果:
 2011年5月25-28日、5名の中央値62歳の患者(range 44-70)の
 大腸菌O104:H4患者で、HUSを合併した下痢の患者を対象におこなわれた。
 大腸菌はESBL産生。血漿交換後、血小板数、GFRは増加し、LDHは減少、
 また神経学的所見の改善が見られた。
 血性の下痢から血漿交換開始までの時間と、LDH濃度減少は
 逆相関していた(p=0.02)。同様のパターンは、血小板数でもみられた。
 血漿交換開始後から中央値7日目(5-8日)で神経学的所見正常が確認された。

結論:
 成人における下痢関連溶血性尿毒素症候群において早期の血漿交換は
 効果的かもしれない。ただし、ランダム化比較試験が必要になるだろう。

by otowelt | 2011-08-29 05:14 | 感染症全般

<< ALK阻害薬crizotini... アジスロマイシン1年間内服によ... >>