ALK阻害薬crizotinibがアメリカで承認

アメリカでついに承認となった。

(日経メディカルオンラインから)
 アメリカFDAは8月26日、ALK遺伝子に異常を有する局所進行または転移を有する非小細胞肺癌(NSCLC)を対象に経口ALK阻害剤crizotinibの販売承認を行ったと発表した。また同時にALK遺伝子異常を判別するコンパニオン診断薬Vysis ALK Break Apart FISH Probe Kitの承認を行った。
 ALK阻害剤が承認されたのは初めて。日本でも申請が行われている。

by otowelt | 2011-08-29 13:50 | 肺癌・その他腫瘍

<< メモ:結核疫学 O104大腸菌による溶血性尿毒... >>