メモ:結核疫学

耐性菌は塗沫陽性患者のうち2%くらいということになる。

●新規結核患者のうち
・診断された場所は、
  医療機関:79%
  定期健康診断:13%
  接触者健康診断:3%
  個別健康診断:3%
・60歳以上が65%
・78%は肺結核、22%は肺外結核
・肺結核のうち40%は喀痰塗抹陽性、
 25%はその他の検査で判明した結核菌陽性
・菌陽性者のうち、18%で感受性が把握され、うち11%には何らかの耐性がある
・13%が糖尿病を合併し、HIVの合併は1%未満
・外国籍が4%、そのうち半数は入国5年以内の発病

●活動性肺結核患者のうち
・51%は治癒または治療を完了
・10%は1年以上の治療継続が必要
・14%が死亡

by otowelt | 2011-08-31 06:26 | 感染症全般

<< 気管支鏡におけるプロポフォール... ALK阻害薬crizotini... >>