気管支鏡におけるプロポフォールとハイドロコドンの併用はプロポフォール単独より安全かつ有用

オピオイド併用の方が、咳スコアはよかった。
しかし、咳の定量化、患者の主観など、気管支鏡処置における
アウトカムの設定は非常に難しいと常々思う。

Propofol versus propofol plus hydrocodone for flexible bronchoscopy: a randomised study
Eur Respir J 2011; 38: 529–537


背景:
 プロポフォールとベンゾジアゼピンを組み合わせることは
 軟性気管支鏡を施行する場合の鎮静法として確立している。
 しかしながら、処置中の咳をおさえる上での
 プロポフォール単独使用と鎮痛薬との併用の比較はまだされておらず、
 どちらが優位かわかっていない。

方法:
 300人の連続患者で軟性気管支鏡を大学病院で施行した際に
 プロポフォールとハイドロコドンの併用と
 プロポフォール単独とを二重盲検で割りつけた。
 プライマリエンドポイントは処置中の咳スコアとしVASで評価。
 
結果:
 患者背景は両群とも同等であった。
 プロポフォール単独と比べると、咳スコアは
 ナースおよび患者のいずれも有意にプロポフォール・ハイドロコドンの
 併用群で低かった(2.5 (1.5–4.0) versus 2.0 (1.0–3.0)p=0.011)。
 加えて、併用群ではプロポフォールの必要量は有意に低かった
 (200 mg (140–280) versus 260 mg (180–350),p<0.0001)。
 退院までの時間や、合併症については両群とも同等であった。
e0156318_11541173.jpg
結論:
 気管支鏡検査において、プロポフォールにハイドロコドンを加えることは
 プロポフォール単独よりも安全かつ有用である。

by otowelt | 2011-09-01 06:45 | 気管支鏡

<< GSTT1欠失はアスベスト肺の... メモ:結核疫学 >>