ICU挿管患者へのpre-emptive接触予防策はMRSA感染の減少に有効

Pre-emptive contact precautions for intubated patients reduced healthcare-associated meticillin-resistant Staphylococcus aureus transmission and infection in an intensive care unit
Journal of Hospital Infection (2011) 78, 97-101


背景:
 MRSAによる感染は、ICUでは重大な事項である。
 全挿管患者に対して先制的(pre-emptive)な接触予防策を
 実施することにより、ICUの医療関連MRSA感染が予防できるか
 どうかを検証した。

方法:
 2日を超えてICUに在室した患者を対象とし、観察期間を2つの
 期間に分け、2004年(第1期)にはMRSA 患者のみに対して
 接触予防策を適用し、2005 年~2007 年(第2期)には
 MRSA感染の有無に関係なく、全挿管患者に接触予防策をおこなった。
 
結果: 
 患者数は、第1期415人、第2期1280人。
 挿管患者において、MRSA感染率が第2期に有意に減少
 (第1期:12.2%、第2期:5.6%、P =0.015)。
 また、第2期には、入院時MRSA陽性率が有意に増加した
 (第1期:2.9%、第2期:6.1%)。
 しかしながら、全患者のMRSA感染の発生は1000患者・日あたり
 3.6から2.3に減少(P < 0.05)。

結論:
 挿管患者に対する先制的(pre-emptive)接触予防策は、
 ICUのMRSA感染の減少に効果がある。

by otowelt | 2011-09-07 07:33 | 集中治療

<< Lancet COPD特集:C... ALI患者へのβ2刺激薬は臨床... >>