Lancet COPD特集:COPDのライフタイムリスクについて

e0156318_918224.jpgAndrea S Gershon, et al. Lifetime risk of developing chronic obstructive pulmonary disease: a longitudinal population study
The Lancet, Volume 378, Issue 9795, Pages 991 - 996, 10 September 2011


カナダ・オンタリオ州において
レトロスペクティブにコホート試験を施行。
1996年時にCOPDの診断は
うけていない市民で14年の
フォローアップをおこない3つのアウトカムを設定。
すなわち、COPDの診断、80歳に到達したかあるいは死亡したか。
COPDの累積発症を算定。

合計579466人のCOPDと診断された。
80歳時におけるCOPD全ライフタイムリスクは27.6%。
ライフタイムリスクは、女性より男性の方が高く(29.7% vs 25.6%)、
低社会経済層の方が高く(32.1% vs 23.0%)、また都会よりも郊外の方が
リスクが高かった(32.4% vs 26.7%)。

COPDのリスクは、うっ血性心不全や心筋梗塞よりも高く
女性の乳癌、男性の前立腺癌よりもはるかに高い。

一生涯において4人に1人がCOPDと診断される可能性がある。

by otowelt | 2011-09-09 09:19 | 気管支喘息・COPD

<< Lancet COPD特集:E... ICU挿管患者へのpre-em... >>