ステロイド抵抗性喘息にlebrikizumabは有用

ペリオスチンというのは、IL-13により
誘導されるタンパクで、細胞外マトリクス構成タンパクの一つ。

J. Corren, et al. Lebrikizumab Treatment in Adults with Asthma
N Engl J Med 2011; 365 : 1088 - 98.


背景:
 喘息患者は、吸入グルココルチコイドによる治療によっても
 コントロール不良であることがしばしばある。治療効果の違う
 原因の一つとして、喘息の臨床表現型におけるIL-13
 発現の役割の不均一性であると思われる。
 われわれは、IL-13 活性がある喘息患者に
 抗IL-13療法が有効であるという仮説を検証した。

方法:
 吸入グルココルチコイド療法をしているにもかかわらず
 コントロール不良の喘息がある成人患者219人を対象に
 IL-13 に対するモノクローナル抗体であるlebrikizumabの
 ランダム化二重盲検プラセボ対照研究おこなった。
 プライマリエンドポイントは、ベースラインから
 12週までの気管支拡張薬投与前のFEV1の相対的な変化。
 セカンダリエンドポイントは、24週までの喘息発作率など。
 患者サブグループを、ベースラインの2型Th2の状態と
 血清ペリオスチン濃度によって規定。

結果:
 ベースライン平均FEV1は、予測値の65%で、
 吸入グルココルチコイドの平均用量は580μg/日だった。
 80%は長時間作用性β刺激薬も使用していた。
 12週の時点で、FEV1増加平均は介入群のほうがプラセボ群より
 5.5%ポイント高かった(P=0.02)。ペリオスチン濃度高値の
 サブグループでは、ベースラインからのFEV1増加は
 介入群のほうがプラセボ群より8.2%ポイント高かった
 (P=0.03)。ペリオスチン濃度低値のサブグループでは
 ベースラインからのFEV1増加は、介入群のほうがプラセボ群より
 1.6%ポイント高かった(P=0.61)。筋骨格系の副作用頻度は、
 介入群のほうがプラセボ群より高かった(13.2% vs 5.4%,P=0.045)。
e0156318_20435360.jpg
結論:
 喘息において、lebrikizumabは肺機能の改善と関連する。
 治療前の血清ペリオスチン高値例では、低値例と比較して
 lebrikizumabによる肺機能の改善が大きかった。

by otowelt | 2011-09-23 19:24 | 気管支喘息・COPD

<< 特発性肺線維症に対するBIBF... EGFR遺伝子変異陽性腫瘍はi... >>