縦隔内リンパ節腫大に対する結核診断にEBUS-TBNAは有用

Neal Navani, et al. Utility of endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration in patients with tuberculous intrathoracic lymphadenopathy: a multicentre study
Thorax 2011;66:889-893


背景:
 EBUS-TBNA:Endobronchial ultrasound-guided
 transbronchial needle aspirationは、肺癌診断において重要な
 ツールになったが、結核の縦隔内リンパ節診断の役割は
 確立されていない。このスタディの目的は、EBUS-TBNAを結核による
 縦隔リンパ節腫大の診断に有用かどうかを調べたものである。

方法:
 156人の連続した患者で結核による縦隔内リンパ節腫脹がみられる
 ものをスタディに登録し、4施設で2年以上にわたり調査した。
 最低でも6ヵ月の抗結核治療後フォローアップがあり、診断が確定されており
 臨床的・放射線学的反応がみられたものをスタディに登録している。
 全患者は、CTをEBUS-TBNA前に施行している。

結果:
 EBUS-TBNAは、146人の患者においてTB診断ができた
 (94%; 95% CI 88% to 97%)。病理学的所見は 
 134人(86%)で結核に合致していた。微生物学的な所見としては
 74人(47%)の患者で結核培養陽性であり、陽性までの中央日数は
 16日であった(range 3-84)。8人が薬剤耐性であった(5%)。
 10人(6%)は、EBUSにおいて特異的な診断所見が得られず
 4人は縦隔鏡を施行し、結核と診断された。6人は、経験的に
 結核治療に踏み切って、反応がみられた。入院を要する合併症は
 1人にみられた。

結論:
 EBUS-TBNAは、縦隔リンパ節腫大のある結核の診断において
 安全かつ効果的な方法である。

by otowelt | 2011-09-26 09:42 | 抗酸菌感染症

<< 院内設備の清掃は誰がおこなうべきか? 特発性肺線維症に対するBIBF... >>