COPDのFEV1変化率は、喫煙者や気管支拡張薬の可逆性がその影響を強くする

FEV1低下率に着目したスタディ。

Jørgen Vestbo, et al. Changes in Forced Expiratory Volume in 1 Second over Time in COPD
N Engl J Med 2011;365:1184-92.


背景:
 COPDの主たる特徴は、FEV1低下率が速いことだが
 疾患が確立してしまった患者におけるFEV1変化のばらつきや
 COPD決定因子のデータは少ない。

方法:
 COPD2163人の気管支拡張薬投与後のFEV1変化を3年にわたり解析。
 ランダム係数モデルを用い、FEV1値とその経時的変化の双方を
 予測することができると思われる因子を評価。

結果:
 FEV1変化率は平均(±SE)で33±2mL/年低下した。
 患者間で有意なばらつきがみられた。低下率の患者間標準偏差は
 59 mL/年。3年の期間で、全体の38%でFEV1は40 mL/年を
 超えて低下したと考えられ、31%では 21~40 mL/年低下、
 23%では20 mL/年低下~20 mL/年上昇の範囲におさまり
 8%では20 mL/年を超えて上昇。平均FEV1低下率は、現喫煙者では
 現非喫煙者よりも21±4 mL/年高く、COPD患者では非COPD患者より
 13±4 mL/年大きく、気管支拡張薬可逆性がある患者では
 そうでない患者よりも17±4 mL/年大きかった。

結論:
 COPDのFEV1変化率にはばらつきがかなりあり、現喫煙者や
 気管支拡張薬可逆性がある患者では低下率が高くなってしまう。

by otowelt | 2011-09-29 15:24 | 気管支喘息・COPD

<< 疥癬の治療 カフェイン消費量の増大は、うつ... >>