アスベストによる孤立性胸膜プラークは拘束性障害を起こす傾向にある

アスベスト曝露と拘束性障害の話。
確かにプラークごときで臨床的に差がでるとは思わないが
肺内に多数の陰影を呈する石綿肺は、ほかの塵肺と
同じように結構呼吸困難感を呈することが多いように思う。

Benedicte Clin, et al.
Do asbestos-related pleural plaques on HRCT scans cause restrictive impairment in the absence of pulmonary fibrosis?
Thorax 2011;66:985-991


背景:
 孤立性胸膜プラークは機能障害を
 起こすかどうかよくわかっていない。

目的:
 CTにおいて同定された孤立性胸膜プラークと
 アスベストに職業上曝露された人の呼吸機能との
 関連性を解析する。

方法:
 2743人の肺間質にHRCT上異常がみられない人を
 登録した。累積アスベスト曝露インデックス(CEI)
 からアスベスト曝露が評価された。登録した人は
 呼吸機能検査とHRCTを受けた。年齢や喫煙、BMIで
 補正をおこない、アスベストCEIと呼吸機能検査が
 解析された。

結果:
 全呼吸機能パラーメータは胸膜プラークが
 みられた人とみられなかった人において
 いずれも正常範囲であった。
 しかしながら、孤立性胸膜プラークがみられた人において
 みられなかった人と比較すると、以下のごとく
 減少がみられた。total lung capacity (TLC)は
 (98.1% predicted vs 101.2% p=0.0494)。
 forced vital capacity (FVC) (96.6% vs 100.4%, p<0.001)
 FEV1 (97.9% vs 101.9%, p=0.0032)。
 FEV1/FVC ratio, forced expiratory flow at 25-75% FVC、
 residual volumeは差がみられなかった。

結論:
 孤立性の胸膜プラークは拘束性障害パターンの傾向を
 呈するが、現実的に臨床的な低下を起こすほどの
 減少ではないと考えられる。

by otowelt | 2011-10-16 22:19 | びまん性肺疾患

<< allo HCTレシピエントに... 気管支喘息の重度の発作に対する... >>