化学療法無効のIIIB/IV期NSCLCに対してtalactoferrinはOSを改善させる

TLFに関しては、近年その肺癌への効果が報告されている。
・Digumarti R, et al: A randomized, double-blind, placebo-controlled phase II study of oral talactoferrin in combination with carboplatin and paclitaxel in previously untreated locally advanced or metastatic non-small cell lung cancer. J Thorac Oncol 6:1098-1103,2011
・Jonasch E, et al: Phase 2 trial of talactoferrin in previously treated patients with metastatic renal cell carcinoma. Cancer 113:72-77, 2008


TLFは遺伝子組換ヒトラクトフェリンであり、経口的に与えることで
パイエル板経由でとり込まれ未熟な樹状細胞を成熟・活性化し、
結果的に癌に対抗する自然免疫と獲得免疫を動員するとされているが
そういった意味では日本の臨床医が嫌う”免疫療法”とそう大差は
ないのかもしれない。

Purvish M. Parikh, et al.
Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Phase II Study of Single-Agent Oral Talactoferrin in Patients With Locally Advanced or Metastatic Non–Small-Cell Lung Cancer That Progressed After Chemotherapy
JCO November 1, 2011 vol. 29 no. 31 4129-4136


目的:
 IIIB-IV期の非小細胞肺癌(NSCLC)患者で1ないし2レジメンの
 全身性化学療法後に病勢進行がみられた場合に、経口talactoferrin(TLF)
 を投与することの活性と安全性を調べる。

患者および方法:
 患者(n=100)は、ランダムに2群に割り付けられた。すなわち、
 経口TLF群(1.5 g in 15 mL phosphate-based buffer) と
 プラセボ(15 mL phosphate-based buffer)であり
 1日2回の投与とした。12週投与2週休で最大投与期間を3サイクル
 とした。プライマリエンドポイントは、ITT解析による
 OSとした。セカンダリエンドポイントは、PFS、DCR、安全性とした。

結果:
 TLFはプラセボ群に比べて有意にOSを改善した。
 OS中央値はTLF群において65%延長がみられた(3.7 to 6.1 months;
 hazard ratio, 0.68; 90% CI, 0.47to 0.98; P=.04 with
 one-tailed log-rank test)。忍容性は問題なかった。
e0156318_216168.jpg

結論:
 TLFは前治療でPDとなったIIIB-IV期NSCLC患者において
 OSを改善した。グローバルIII相試験が行われるべきである。

by otowelt | 2011-10-30 21:12 | 肺癌・その他腫瘍

<< 喘息を有する思春期女性は、抑う... COPDの末梢気道抵抗の増加は... >>