市中発症あるいは高齢者のノロウイルスは死亡率が高い

ノロウイルスの季節。

L. Gustavsson, et al.
Excess mortality following community-onset norovirus enteritis in the elderly
Journal of Hospital Infection (2011) 79, 27-31


背景:
 ノロウイルスは死亡の増加をもたらす感染症である。
 ノロウイルス腸炎後の死亡率に関すてレトロスペクティブに
 研究をおこなった。

方法:
 スウェーデンSahlgrenska大学病院で2008年8月~2009年6月に
 PCR法で便からノロウイルスgenogroup II 陽性が確認され、
 その治療を受けたすべての成人入院患者を登録した。
 結果、n=598、年齢18~101 歳であった。
 コントロール群として腸炎症状のない成人1196人を登録した。
 ノロウイルスPCR陽性となった検体採取日から90日後までの死亡、
 合併疾患、入院期間を記録。30日・90日生存率を算出。

結果:
 30日死亡率は7.6%であり、18~59歳の若い年齢層においては
 死亡はなかった。60~101歳において、基礎疾患がある症例の
 30日死亡率は、合併疾患のない症例と比べ高かった
 (30 日生存率 89.5% vs 94.7%、P < 0.05)。
 80歳を超える年齢においては、市中発症ノロウイルス腸炎患者
 (64人)の死亡率は病院発症ノロウイルス腸炎患者(305人)よりも高く
 (30日生存率 81.2% vs 90.2%、P < 0.05)、コントロール群
 (128人)と比べても高かった(30 日生存率 81.2%vs 91.4%、
 P < 0.05)。

結論:
 入院が必要な市中発症ノロウイルス腸炎は、
 病院発症ノロウイルス腸炎あるいは高齢入院患者のコントロール群と
 比べて死亡率が高い。

by otowelt | 2011-11-19 21:31 | 感染症全般

<< 超音波気管支鏡にバーチャル気管... 切除不能進行胸腺癌に対するAD... >>