LTBIに対する3ヵ月のリファペンチン+イソニアジドは9ヶ月イソニアジドに非劣性

T.R. Sterling, et al.
Three Months of Rifapentine and Isoniazid for Latent Tuberculosis Infection
N Engl J Med 2011; 365:2155-2166


背景:
 潜在性結核菌感染(LTBI)に対する治療は
 結核のコントロールと撲滅に必要不可欠である。
 現時点での標準レジメンである9ヵ月のイソニアジド投与は有効だが
 毒性と低い治療完遂率によってその効果は制限されている。

方法:
 結核リスクの高いヒトを対象に、直接的監視による3ヵ月の
 リファペンチン(900 mg)+イソニアジド(900 mg)の
 週1回投与(併用群)あるいは自己管理による9ヵ月の
 イソニアジド(300 mg)の1日1回投与(イソニアジド単独群)を比較。
 プライマリエンドポイントは結核の確定とした。

結果:
 ITT解析において結核を発症したのは併用群3986例中7例
 (累積発症0.19%)、イソニアジド単独群3745例中15例
 (累積発症0.43%)で、差は0.24%ポイントであった。
 治療完遂率は併用群82.1%、イソニアジド単独群69.0%
 であった(P<0.001)。有害事象により投与中止となった比率は
 併用群4.9%、イソニアジド単独群3.7%(P=0.009)。
 薬剤性肝障害発生率は、それぞれ0.4%、2.7%(P<0.001)。

結論:
 3ヵ月リファペンチン+イソニアジド投与は
 LTBIにおいて9ヵ月イソニアジド単独投与と同程度に有効で
 なおかつ治療完遂率は高い。

by otowelt | 2011-12-11 16:20 | 抗酸菌感染症

<< EBUSにおける縦隔リンパ節の... LTBIに対する12-dose... >>