EBUSにおける縦隔リンパ節の大きさと形状による悪性所見の予測

Jessica S. Wang Memoli, et al.
Using Endobronchial Ultrasound Features to Predict Lymph Node Metastasis in Patients With Lung Cancer
CHEST 2011; 140(6):1550–1556


 縦隔リンパ節のステージングは、TNM分類と非小細胞肺癌(NSCLC)の
 治療を決定するものである。このスタディは
 気管支内エコー(EBUS)によって縦隔リンパ節転移の予測を
 評価したものである。 肺癌が確定ないし疑われている患者において
 ステージング目的にEBUSをおこなわれた患者を登録。
 リンパ節は胸部CT/PETとエコーによるサイズ・形状・辺縁・数などの
 特徴を迅速細胞診(ROSE)と最終的病理所見とに相関させた。
 227人のリンパ節(22.5%が悪性所見)が100人の患者から採取。
 CTあるいはEBUSによるリンパ節サイズが大きい場合、あるいは
 その形状が円形と卵形のものは縦隔リンパ節転移の予測ができた。

 本論文で記載された形状はtriangular, round, oval, draping。
 かなり主観が入ってしまうと思うのだが・・・。
e0156318_1821360.jpg

by otowelt | 2011-12-11 18:23 | 気管支鏡

<< 移植前強化治療は、CMV再活性... LTBIに対する3ヵ月のリファ... >>