HSV-1に有効なヘルペスウイルスワクチン

ヘルペスウイルスワクチンの話題。

Robert B. Belshe、et al.
Efficacy Results of a Trial of a Herpes Simplex Vaccine
N Engl J Med 2012; 366:34-43


背景:
 単純ヘルペスウイルス(HSV)抗体陽性者・陰性者の
 カップルを対象とし、糖蛋白Dを含むHSV-2サブユニット
 ワクチンの前の2研究では、HSV-1、HSV-2 ともに
 抗体陰性である女性の性器ヘルペスへの有効率は、73%、74%
 であった。男性やHSV-1陽性女性における有効性はわかっていない。

方法:
 HSV-1、HSV-2抗体が陰性の18~30歳の女性8323人を登録。
 ランダム化二重盲検試験を施行した。0、1、6ヵ月の時点で
 一部被験者にHSV-2由来糖蛋白D20μgとアジュバント
 (ミョウバン・3-ο-脱アシル化モノホスホリル脂質A)を含む
 試験ワクチンを接種。コントロール被験者にはHAVワクチンを
 720 ELISA units接種。プライマリエンドポイントは
 2ヵ月目(2回目接種1ヵ月後)~20ヵ月目の
 HSV-1、-2 のいずれかによる性器ヘルペスの発症。

結果:
 HSVワクチンは、コントロールワクチンと比べ局所反応が多く、
 HSV-2へのELISA抗体と中和抗体を誘導できたが、総合的に
 ワクチンの有効性は認められずなかった。性器ヘルペスへの
 ワクチン有効性は20%(95%CI -29~50)で、
 HSV-1のみの性器ヘルペスへの有効性は58%(95% CI 12~80)。

結論:
 HSV-1、HSV-2血清陰性の女性に対して、当該試験ワクチンは
 HSV-1 による性器ヘルペスの感染や予防に有効だった。
 しかし、HSV-2による性器ヘルペスには効果はみられない。

by otowelt | 2012-01-08 23:34 | 感染症全般

<< 術前のGEM+CDDPは手術可... NSAIDsによる胃潰瘍の予防 >>