マラソンにおける心肺停止のリスク

マラソンをやっていた身としては、非常に気になる論文。

Jonathan H. Kim, et al.
Cardiac Arrest during Long-Distance Running Races
N Engl J Med 2012;366:130-40.


背景:
 アメリカでは、1年間におよそ200万人の人が長距離走競技に参加すると
 されているが、競技に関連した心停止(CPA)が報告されており
 安全性が危惧される。

方法:
 アメリカ2000年1月1日~2010年5月31日に行われたフルマラソン
 およびハーフマラソン競技に関連するCPAの発生率とアウトカムを評価。
 生存者に面接、非生存者に家族の面接をおこなって、診療録の再調査
 剖検分析等によりCPAの臨床的特徴を検討。

結果:
 ランナー1090万人中、59人(平均 [±SD] 年齢 42±13 歳、男性51人)
 がCPAを発症(発生率は参加者10万人あたり0.54、95%CI0.41~0.70)。
 CPAの大多数は心血管疾患であった。発生率は、フルマラソン
 (1.01、95% CI 0.72~1.38)がハーフマラソン
 (0.27,95% CI 0.17~0.43)よりも有意に高く、
 男性(0.90,95% CI 0.67~1.18)が
 女性(0.16,95% CI 0.07~0.31)よりも有意に高かった。
 男性かつフルマラソンランナーでは、10年の研究期間後半部分において
 CPA発生率が上昇した。CPA59人のうち、42人(71%)は
 致死的であった(10万人あたり 0.39,95% CI 0.28~0.52)。
 診療録等の臨床データが得られた31人では、CPAのバイスタンダーCPR、
 基礎疾患がHCM以外であることが、生存に対する強力な予測因子だった。
結論:
 フルマラソンとハーフマラソンは、CPAと突然死のリスクに関連していた。
 CPA、HCMや冠動脈疾患によることがもっとも多いが、主として
 男性マラソン参加者に発生している。こういった集団において
 CPA発生率は過去10 年間に上昇傾向にある。

by otowelt | 2012-01-13 16:24 | 内科一般

<< スタチンに感染症リスク軽減効果なし 術前のGEM+CDDPは手術可... >>