IPFにおいて食道裂孔ヘルニアの合併は多い

食道裂孔ヘルニアとIPFの話題。
ヘルニアそのものが呼吸機能を悪化させるわけではないが、
他の閉塞性肺疾患に比べるとIPFでの合併頻度が高いという報告。

Imre Noth, et al.
Prevalence of hiatal hernia by blinded MDCT in patients with IPF
ERJ Feb 1 2012; 39 (2)


背景:
 食道裂孔ヘルニアHiatal hernia (HH)は、胃食道逆流(GER)、GERDを
 合併し、IPFに寄与するかもしれない。われわれは
 CTで評価されたHHが喘息やCOPDよりもIPFによくみられるという
 仮説をたてた。また、GERに関してはpHプローブテストの異常値と関連させた。
 
方法:
 観察研究、非ランダム化試験。
 HHの頻度は3コホートにより比較された。
 IPF (N=100), COPD (N=60)、喘息(N=24)。

結果:
 HHはCOPD (13.3%, p<0.0001) や喘息(16.67%,p<0.02)よりも
 IPFにおいて多くみられた(39%)。
 HHの観察者間診断一致はIPF (k 0.78)、喘息(k 0.70)、
 中等度COPD(k 0.42)であった。IPFにおいて、HHは
 GER治療を受けている患者を除いて呼吸機能との相関性はなかった。
 上記GER治療を受けている患者はDLCOも(p<0.04)CPIも(p<0.04)
 良好であった。HHはDeMeesterスコアからGERと相関があった(p<0.04)。

結論: 
 IPFにおいてHHは、COPDや喘息よりも高頻度にみられる。
 IPFコホートにおいてHHは高いDeMeesterスコアと関連していた。 
 HH単独の存在は呼吸機能の減少との関連性はなかった。 

by otowelt | 2012-01-30 18:56 | びまん性肺疾患

<< 妊婦へのSSRIと新生児肺高血... アトバコン製造承認 >>