沈降線数によるアスペルギルス沈降抗体の有用性の検討

基本的に英文雑誌しか要約しないようにしているが、
呼吸器学会雑誌から面白い論文が出ていたので紹介させていただく。
Web上に公開されているAbstractに相当する要旨を掲載する。
試験期間が短かったため、やや症例が少ないものの
個人的に非常に勉強になった。

安藤陽一郎ら.
血清アスペルギルス沈降抗体検査症例の臨床的検討
日呼吸誌 1(1); 3-8, 2012.


要旨:2009年2~12月に国立病院機構福岡東医療センターでAspergillus immunodiffusion system(Microgen Bioproducts Ltd., UK)のキットを用いて血清アスペルギルス沈降抗体検査を施行した症例について,沈降線を認めた症例(「あり」例)における沈降線数や診断名,また偽陽性や偽陰性の頻度などについて検討した.「あり」例24 例中,沈降線数が2 本以上を示した21 例のうち16 例は慢性肺アスペルギルス症(chronicpulmonary aspergillosis:CPA)であったが,偽陽性が疑われる症例を4 例認めた.沈降線を認めなかった症例99 例中85 例が非アスペルギルス症症例であったが,初回検査時に偽陰性を示したCPA 症例も4 例みられた.非アスペルギルス症を対照としたCPA における本検査について,陽性判定基準を沈降線数2 本以上とすれば感度78.9%,特異度95.6%など最良の結果を示した.

by otowelt | 2012-02-03 23:40 | 感染症全般

<< Buruli潰瘍は治療開始後に... オセルタミビルの効果についての... >>