外科医の15.4%がアルコール乱用・依存であり、医療ミスのリスク

あくまでアメリカの報告だが。

Michael R. Oreskovich, et al.
Prevalence of Alcohol Use Disorders Among American Surgeons
Arch Surg. 2012;147(2):168-174.


目的:
 現役の外科医におけるアルコール乱用と依存の
 ある時点での頻度を調査する。

デザイン:cross-sectional study

セッティング:アメリカ合衆国

参加者:アメリカ外科学会会員

アウトカム:アルコール濫用と依存

結果:
 2010年10月、アメリカ外科学会が使用可能e-mailアドレスを
 持っている現役外科医25073人に対してアンケートを送り、
 7197人(28.7%)が回答。質問は70の項目から構成され、
 参加者は盲検化された。AUDIT-C分析では、アルコール乱用および依存
 を示したのは1112人(15.4%)で、男性13.9%、女性25.6%。
 若年外科医、パートナーに不満があり子どもがいない、といった場合に
 その割合が高く、経験年数が長い外科医、週労働時間が長い外科医、
 夜間コールが多い場合では逆に割合が低かった。アルコール乱用および依存者
 は、過去3ヶ月での医療ミスの報告者の77.7%を占めた。
 アルコール乱用および依存者の医療ミスのOR1.45(P<0.001)。

結論:
 アルコール濫用と依存はアメリカ外科医におけるゆゆしき問題である。
 組織によるアルコール消費問題の早期同定と介入が望まれる。

by otowelt | 2012-02-23 05:43 | その他

<< 敗血症性ショックにおけるドパミ... 気管支喘息における洞窟療法(岩塩) >>