First-SIGNAL試験:ゲフィチニブと化学療法の比較試験

Ji-Youn Han, et al.
First-SIGNAL: First-Line Single-Agent Iressa Versus Gemcitabine and Cisplatin Trial in Never-Smokers With Adenocarcinoma of the Lung
JCO April 1, 2012 vol. 30 no. 10 1122-1128


韓国における313人の非喫煙者進行NSCLCにおける
シスプラチン+ゲムシタビンとゲフィチニブのランダム化III相試験。
First-SIGNAL試験としてすでに結果は周知の通りである。
159人のイレッサ群と150人の化学療法群に割り付けられた。

OS:HR 0.932; 95% CI, 0.716 to 1.213; P = .604;
median OS:22.3 v 22.9 months
1年PFS率:16.7% v 2.8% (HR, 1.198; 95% CI, 0.944 to 1.520)
RR:55% v 46%(P = .101)

メモのため過去の3試験のPFSとOSを掲示しておく。
○IPASS試験:ゲフィチニブ132人、CP療法129人
 PFS:HR 0.48 p<0.0001、OS:HR 0.78(0.50 -1.20)
○NEJ002試験:ゲフィチニブ99人、CP療法101人
 PFS:HR 0.357、p<0.0001、OS:HR 0.793、p=0.354
○WJTOG3405試験:ゲフィチニブ88人、シスプラチン/ドセタキセル88人
 PFS:HR 0.49、p<0.0001、OS:HR 1.638(0.75-3.58)

by otowelt | 2012-03-31 19:04 | 肺癌・その他腫瘍

<< COPD合併は市中肺炎の死亡リ... 院外心肺停止におけるエピネフリ... >>