慢性高山病における運動耐容能低下は肺間質への水分集積が関与

e0156318_1454365.jpgボリビアにおける慢性高山病のスタディ。
主にエコーで評価したものなので、
仮説が確実性かどうかは議論の余地がある。
しかしながら、エビデンス未開拓の領域なので
貴重な報告だと思う。


Lorenza Pratali, et al.
Exercise Induces Rapid Interstitial Lung Water Accumulation in Patients With Chronic Mountain Sickness
CHEST 2012; 141(4):953–958


背景:
 慢性高山病: chronic mountain sickness (CMS)は
 世界の山岳部における主要な健康問題である。
 進行した状態では、運動耐容能の低下はしばしば観察されるが
 その基礎となるメカニズムはまだよくわかっていない。
 最近のエビデンスでは、運動誘発性の肺高血圧はCMSにおいて
 顕著に表現されやすい。われわれは、この問題が
 肺への水分の集積をきたし、ひいては運動時低酸素血症を
 悪化させるかもしれないと仮説をたてた。

患者:
 25人のボリビアのCMS男性患者と26人のラパスとその周辺
 (3,600-4,000 m)で生まれ育った健常人。

方法:
 われわれは、CMS15人、健常人20人において
 胸部超音波検査による血管外の肺水分の観察、肺動脈圧、左室機能を
 安静時および標高3600m運動時に評価することができた。
※肺間質への水分集積は、ULC(untrasound lung comet)で観察した。
※運動はエルゴメーター(Ergoline 900EL; Ergoline Company)を使用


結果:
 CMS15人中14人において、高い標高での運動は
 急速に肺間質に水分の集積をきたし、既存の低酸素血症を
 さらに悪化させた。それに対して健常人の高地運動は
 20人中16人において水分の集積が観察されず( P=.002 vs CMS)、
 動脈血酸素化の変化もみられなかった。CMS患者における
 健常人に比べて、CMS患者では
 運動誘発性の肺間質水分集積と低酸素血症は
 肺動脈圧に2倍以上の差をつけて観察されたた。( P< .001)。
 しかし、左室機能障害ははっきりとしなかった。
 CMS患者における酸素吸入は運動誘発性肺高血圧を
 劇的に改善させ( P< .01)、肺間質の水分集積も改善させた( P< .05)。
e0156318_12163064.jpg
結論:
 われわれの知見によれば、この研究は
 高地における運動が肺間質への水分集積と低酸素血症をきたす
 という最初の直接的なエビデンスとなると考えている。

by otowelt | 2012-04-04 06:53 | 呼吸器その他

<< 癌診断初期において自殺と心血管... 喫煙歴が多いCOPDにおいて放... >>