集中治療スタッフのマンパワーと院内感染

F. Schwab, et al.
Understaffing, overcrowding, inappropriate nurse:ventilated patient ratio and nosocomial infections: which parameter is the best reflection of deficits?
Journal of Hospital Infection (2012) 80, 133-139


背景:
 病院の稼働率が高く、処置数が豊富な場合、
 病床過密状態やマンパワー不足(低看護師・患者比)が発生し、
 院内感染のリスク因子となる可能性がある。

目的:
 ドイツの全国病院サーベイランスシステムを用いて
 ICU182を対象として、病床利用率(患者・病床比)、看護師・患者比、
 看護師・人工呼吸装着患者比が、院内血流感染症や院内肺炎に
 与える影響を調べた。

方法:
 質問票を用いて2007年の24時間あたりの病棟医療従事者数、
 建築構造的パラメータ情報を収集。一般化推定方程式モデル
 (generalized estimating equation models)を使用して
 病床利用率またはスタッフ配置パラメータと、月ごとの
 院内感染発生数との関連を分析。

結果
 サーベイランス実施期間 1921ヵ月、563177患者・日の間に
 182ICUから肺炎1313例、BSI513例が報告。
 院内感染が少ないことは、看護師・人工呼吸器装着患者比の高さと
 関連していた[調整リスク比0.42 (95%CI 0.32-0.55)
 for months with nurse:ventilated patient ratios >75th
 percentile compared with ≤ 25 th percentile]。
 看護師・患者比は、BSIや肺炎の発生についての有意なパラメータでは
 なかった。病床利用率が高いことは、院内感染が少ないことと関連。

結論:
 看護師・人工呼吸器装着患者比の高さなどのスタッフ配置の良好性は
 院内感染を減少させる可能性がある。
 

by otowelt | 2012-04-15 21:36 | 集中治療

<< 急性単純性虫垂炎における抗菌薬... ERCP後膵炎の発症予防にイン... >>