急性単純性虫垂炎における抗菌薬と手術は同等の有効性と安全性

Krishna K Varadhan, et al.
Safety and efficacy of antibiotics compared with appendicectomy for treatment of uncomplicated acute appendicitis: meta-analysis of randomised controlled trials
BMJ 2012; 344 doi: 10.1136/bmj.e2156


背景:
 急性虫垂炎の患者のうち、複雑性虫垂炎(すなわち、壊疽性・穿孔性・
 膿瘍形成性虫垂炎)は全体の20%くらいである。単純性虫垂炎には
 抗菌薬治療も代替肢になると考えられているものの、
 その有効性と安全性に関するエビデンスは乏しい。

目的:
 急性単純性虫垂炎に対する一次治療として
 抗菌薬投与と虫垂切除術について安全性と有効性を比較するため
 メタアナリシスをおこなう。

患者:
 血液検査、超音波、CTなどで急性単純性虫垂炎と診断された成人患者。

方法:
 患者を、抗菌薬投与と虫垂切除術のアウトカムを比較する
 ランダム化試験へ組み込んだ。プライマリアウトカムは、
 それぞれのスタディが共通報告していた合併症とした。すなわち、
 抗菌薬群:穿孔性・壊疽性虫垂炎または腹膜炎と
       後に虫垂切除術を受けた患者の創感染
 虫垂切除術群:穿孔性虫垂炎または腹膜炎と創感染の発生件数
 セカンダリアウトカムは、入院期間、再入院、複雑性虫垂炎の罹患率など。

結果:
 4つのランダム化試験が条件を満たした。合計900人の患者が
 登録されており、470人が抗菌薬、430人が虫垂切除術に割り付けられた。
 抗菌薬群に適用された薬剤は、
 ・アモキシシリン+クラブラン酸を継続使用:1件、
 ・セフォタキシム+メトロニダゾール投与後に
  シプロフロキサシン+メトロニダゾールにチェンジ:1件、
 ・セフォタキシム+チニダゾール投与後に
  オフロキサシン+チニダゾールにチェンジ:2件
 345人が抗菌薬投与により治療成功と判定。うち277人(80%)は
 1年後まで症状なく、長期治療成功であった。
 残りの68人は再入院し、うち3人は抗菌薬再投与のみで再度治療成功と判定。
 65人は虫垂切除術を受けたが、4人は虫垂炎ではなかった。
 48人が蜂窩織炎性虫垂炎、13人が複雑性虫垂炎だった。
 虫垂切除術を受けた患者は、患者420人に抗菌薬群からの
 クロスオーバー93人を加えた513人であった。手術の結果
 21人が虫垂に異常は確認されず、20人が他の診断を受けた。
 残る472人が虫垂炎と診断され、そのうち343人が蜂窩織炎性虫垂炎、
 129人が複雑性虫垂炎であった。術後再発はなかった。
 プライマリアウトカムの1年間の合併症の発生率は、
 虫垂切除群(430人中108人、25%)に比べ、
 抗菌薬群(470人中84人、18%)で有意に低かった。
 リスク比は0.69(95%CI 0.54-0.89、I2=0%、P=0.004)で、
 抗菌薬群における合併症の相対リスクは31%減少。
e0156318_17234023.jpg

結論:
 急性単純性虫垂炎患者に対する一次治療として、抗菌薬治療は有効で安全である。

by otowelt | 2012-04-17 17:24 | 感染症全般

<< 末期腎不全患者におけるインフル... 集中治療スタッフのマンパワーと... >>