末期腎不全患者におけるインフルエンザワクチンは効果が乏しい

末期腎不全(ESRD)の患者におけるインフルエンザ合併症と死亡リスクは
健常人より高いとされ、同ワクチン接種が推奨されている。
透析患者は、インフルエンザワクチン反応性が低いものの、
過去の研究では、透析患者においても抗体価上昇があると報告されている。
Discussionにも述べられているが、”投与量が不足している可能性”も
じゅうぶん考えられる。

Leah J. McGrath, et al.
Influenza Vaccine Effectiveness in Patients on Hemodialysis
An Analysis of a Natural Experiment
Arch Intern Med. 2012;172(7):548-554


背景:
 インフルエンザワクチンがESRD患者のインフルエンザ死亡と合併症を
 どのくらい予防できるのかよくわかっていない。vaccine effectiveness
 の推定が、観察研究では難しいためである。

方法:
 アメリカの全ESRD患者の情報を収集している
 US Renal Data Systemに登録された患者のうち、
 血液透析を継続的に受けている人々について、一致年、非一致年の
 インフルエンザワクチン接種の有無と、インフルエンザ様疾患、
 インフルエンザまたは肺炎による入院、全死因死亡の有無を調査した。
 インフルエンザ型が一致しなかった1997~1998年を”非一致年”に設定、
 一致した1998~1999年、1999~2000年、2001~2002年を”一致年”
 に設定した。データにより、それぞれの年のワクチン接種群のアウトカムと
 非接種群のアウトカムを比べ、ハザード比を算出した。また、
 一致年ハザード比を非一致年ハザード比で除して、
 ratio of hazard ratio:RHRを算出した。

結果:
 いずれの流行期もワクチン接種者は非接種者より少なく、
 接種率は50%を下回った。ワクチン接種群と非接種群を比べると、
 ワクチンのeffectiveness(%)のそれぞれの流行期平均は、
 インフルエンザ様疾患が13%、インフルエンザまたは肺炎による
 入院が16%、死亡が30%だった。これらは一致年であろうと非一致年
 であろうと同様であった。RHRについては、一致年1998~1999年と
 非一致年の1997~1998年の比較では、インフルエンザ様疾患の
 調整RHRは1.03(1.00-1.07)、入院1.01(0.97-1.06)、
 死亡1.02(0.99-1.06)であった。他の年でも同様の結果であった。
 (ワクチン型と流行型が一致していても、3つのアウトカムについて
 ワクチンの効果ははっきりしなかった)
 型が一致した3流行期のデータからハザード比を算出し、
 非一致年の1997~1998年に対する調整RHRを算出すると、
 インフルエンザ様疾患1.00(0.98-1.03)、入院0.98(0.95-1.02)、
 死亡1.00(0.97-1.03)であった。インフルエンザワクチンの
 effectivenessは、インフルエンザ様疾患0%、入院2%、死亡0%。

結論:
 ESRD患者に対するインフルエンザワクチンの効果は、
 従来考えられていたよりはるかに低い可能性がある。

by otowelt | 2012-04-18 07:28 | 感染症全般

<< アフリカ・東南アジアの出国前ア... 急性単純性虫垂炎における抗菌薬... >>