結節性のreversed halo signは肉芽腫性疾患を示唆する

ついこの間記事にしたばかりのreversed halo signだが、
同じ筆者の論文がCHEST5月号に掲載されていた。
内部に網状影を伴う、"太い"reversed halo signはOPよりも侵襲性真菌感染症を疑わせる

Wegener肉芽腫症という病名がなくなったのは有名な話だが
(多発血管炎性肉芽腫症という病名になった)、
ちゃんとそれを反映させて論文を記載しているのが素晴らしい。

Edson Marchiori, et al.
Reversed Halo Sign
High-Resolution CT Scan Findings in 79 Patients
CHEST May 2012 vol. 141 no. 5 1260-1266


背景:
 このスタディの目的は、HRCTにおいてreversed halo sign(RHS)が
 みられる患者において、その原因による特徴の違いを調べたものである。

方法:
 胸部放射線科医2人によりHRCTにおいてRHSがみられた79人の
 患者を組み込んだ。われわれはその患者において
 形態的特徴、病変部位数、RHSに関連した特徴の存在を調べた。

結果:
 41人の患者が感染症を呈していた
 (paracoccidioidomycosis, TB, zygomycosis, 侵襲性真菌感染症、
 Pneumocystis jiroveci肺炎, histoplasmosis, cryptococcosis)。
 38人は非感染症(COP,肺塞栓、サルコイドーシス、浮腫、
 lepidic predominant adenocarcinoma,
 granulomatosis with polyangiitis [Wegener])。
 RHSの壁は58人においてスムースで(73.4%)、21人は結節性(26.6%)
 であった。病変は40人において多発性であった(50.6%)。

結論:
 結節性の壁あるいはハロー内部に結節がみられるRHSは
 有意に肉芽腫性疾患を示唆するものである。

by otowelt | 2012-05-03 19:47 | びまん性肺疾患

<< IPFにワーファリンは無効 Gram染色の発見者:Hans... >>