IPFにワーファリンは無効

IPFにおけるワーファリンのnegative study。

Imre Noth, et al.
A Placebo-Controlled Randomized Trial of Warfarin in Idiopathic Pulmonary Fibrosis
Am. J. Respir. Crit. Care Med. May 3, 2012,Published ahead of print


背景:
 動物とヒトにおける研究では、肺線維症において
 凝固カスケードの重要性が示唆されている。

目的:
 進行性の特発性肺線維症(IPF)のコホートにおいて 
 ワーファリン治療が死亡率、入院、FVC減少を
 改善させるかもしれないという仮説を立てた。

方法:
 われわれは二重盲検プラセボ対照化試験において
 ワーファリンをINR2.0-3.0にコントロールしてIPF患者に投与した。
 患者は1:1にワーファリン群とプラセボ群に割り付けられ、48週間
 フォローアップされた。INRはencrypted home point-of-care devices
 を使用。プライマリアウトカムは、死亡までの期間、入院(非出血性非選択的)、
 10%以上のFVC減少に基づく複合アウトカムとした。

結果:
 ワーファリン群において死亡率の増加がみられた
 (14 warfarin vs. 3 placebo deaths; p=0.005)。
 145人が登録された時点で、試験中止が推奨された
 (72 warfarin, 73 placebo)。平均フォローアップは28週であった。

結論:
 進行性のIPFにおいてワーファリンに有効性はみられなかった。
 ワーファリン治療をおこなうことで、抗凝固を要しないようなIPF患者では
 死亡率を上昇させる可能性がある。

by otowelt | 2012-05-04 19:33 | びまん性肺疾患

<< ヒ素曝露は呼吸困難のリスク 結節性のreversed ha... >>