ATS 2012:閉塞性睡眠時無呼吸は癌死亡リスクを上昇させる

e0156318_21261524.jpg



ウィスコンシン大学からの報告。OSAと癌死亡リスクについて論じた報告は、斬新だ。

F.J. Nieto, et al.
Obstructive Sleep Apnea And Cancer Mortality: Results From The Wisconsin Sleep Cohort Study
ATS 2012, Session A18, May 20, Abstract 30627


背景:
 悪性黒色腫マウスモデルを用いた近年のスタディにおいて、間欠的な低酸素が腫瘍を成長させることが示されている。閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は総死亡、循環器疾患による死亡の増加と関連しているものの、OSAと癌の頻度と死亡については試験されていない。このスタディの目的は、OSAが癌死亡リスクの増加と関連しているという仮説を検証するものである。

方法:
 われわれは、20年の間の死亡についてWisconsin Sleep Cohort sample (n=1522)を用いてデータ追跡した。OSAは、参加者全員に対して完全ポリソムノグラフィーを用いて懐石されている。AHIについては5未満を正常とし、mild OSA (AHI 5-14.9); moderate OSA (AHI 15-29.9); severe OSA (AHI >30 or use of CPAPと定義した。Kaplan-Meier解析により死亡の比較をおこない、Cox比例ハザード回帰がOSA重症度による総死亡、癌死亡における相対ハザードを算出するために用いられた。

結果:
 Kaplan-Meier解析とCox回帰分析(年齢、性別、BMI、喫煙歴で調整)によると、総死亡、癌死亡はOSAの重症度と関連していた。CPAP治療をおこなっていた患者(n = 126)を除外したあとも、この関連性については有意にみられていた。OSAがない患者と比較すると、補正ハザード比はmild OSA, moderate OSA, severe OSAでそれぞれ1.1, 2.0, 4.8であった。

結論:
 このスタディによれば、OSAは癌死亡リスクを上昇させる。間欠的低酸素が悪性腫瘍を成長させるという過程を示唆するものである。

by otowelt | 2012-05-24 21:27 | 呼吸器その他

<< ATS 2012:COPD患者... ATS 2012:肺容積減量コ... >>