ASCO 2012速報:OPTIMAL試験でのOSは有意差同定できず

e0156318_2247410.jpg


すでにOPTIMAL試験のプライマリエンドポイントであるPFSについてはLancet Oncologyに昨年に論文が出ている。
Erlotinib versus chemotherapy as first-line treatment for patients with advanced EGFR mutation-positive non-small-cell lung cancer (OPTIMAL, CTONG-0802): a multicentre, open-label, randomised, phase 3 study
The Lancet Oncology, Early Online Publication, 22 July 2011


火曜日のセッションでOPTIMAL試験のOSについての発表があった。

Caicun Zhou, et al.
Overall survival (OS) results from OPTIMAL (CTONG0802), a phase III trial of erlotinib (E) versus carboplatin plus gemcitabine (GC) as first-line treatment for Chinese patients with EGFR mutation-positive advanced non-small cell lung cancer (NSCLC).
ASCO 2012, Abstract #7520


方法:
 中国22施設による第III相試験。18歳以上の患者でIIIBあるいはIV期のNSCLCを対象におこなわれたが条件としてEGFR遺伝子変異(exon 19 deletion or exon 21 L858Rpoint mutation)がある患者を登録した。1:1に割り付け、経口erlotinib (150 mg/day)あるいはgemcitabine+carboplatin(4サイクルまで)による化学療法のいずれかに登録した。
 プライマリエンドポイントはPFSとした。

PFS:
 PFS中央値はerlotinib治療で化学療法より長かった(13.1 [95% CI 10.58—16.53] vs 4.6 [4.21—5.42] ヶ月;HR 0.16, 95% CI 0.10—0.26; p<0.0001)。

OS:
 OSについては統計学的有意差同定できず(HR=1.065, p=0.6849)。

by otowelt | 2012-06-06 08:53 | 肺癌・その他腫瘍

<< ASCO 2012速報:進行N... ASCO 2012速報:EGF... >>