IPF急性増悪における肺高血圧は予後不良因子であり、新生血管形成と逆相関

CD31は別名PECAM-1(Platelet Endothelial Cell Adhesion Molecule-1)とも言い、血管内皮細胞を同定することができる。
e0156318_20334737.jpg
Eoin P. Judge, et al.
Acute exacerbations and pulmonary hypertension in advanced idiopathic pulmonary fibrosis
Eur Respir J 2012; 40: 93–100


背景:
 このスタディの目的は、進行した特発性肺線維症(IPF)の急性増悪のアウトカムへのリスクファクターを評価するものであり、疾患重症度とIPF肺組織片の新生血管形成の関連性を調べた。

方法:
 アイルランドのMater Misericordiae大学病院におけるIrish National Lung Transplant Unitで臨床試験を実施。
 肺移植アセスメントをおこなわれた55人のIPF患者で、27人の急性増悪群、28人の非急性増悪群にわけて解析をおこなった。血行動態データが、ベースライン時、急性増悪の時期、肺移植の時期において集められた。微小血管密度microvessel density (MVD)を定量するため、組織学的解析とCD31免疫染色(ref M0823, dilution 1:40;Dako Diagnostics Ireland Ltd, Dublin, Ireland)が、13人の移植患者の肺組織片におこなわれた。

結果:
 IPF急性増悪は、死亡率の上昇と関連していた(p=0.0015)。ベースライン時の肺高血圧とIPF急性増悪は、予後不良と関連していた(p<0.01)。また、ベースライン時の肺高血圧は、急性増悪のリスクとも有意に相関していた(HR 2.217,p=0.041)。新生血管形成(MVD)は、cellular fibrosisの領域において有意に増加しており、honeycombingの領域においては有意に減少していた。honeycombingの領域においては、平均肺動脈圧とMVDの間には有意な逆相関がみられた。
e0156318_20291897.jpg
結論:
 IPF急性増悪は有意に進行IPF患者で死亡率を上昇させた。肺高血圧は、急性増悪のリスクとその後の予後不良に関連していた。新生血管形成は有意にhoneycombing領域で減少しており、平均肺動脈圧と逆相関がみられた。

by otowelt | 2012-07-02 05:03 | びまん性肺疾患

<< 世界スパイロメトリーデー:世界... MAESTRAL試験:COPD... >>