禁煙成功者は1年後に体重が4-5kg増加する

e0156318_9571890.jpgHenri-Jean Aubin, et al.
Weight gain in smokers after quitting cigarettes: meta-analysis
BMJ 2012;345:e4439 doi: 10.1136/bmj.e4439 (Published 10 July 2012)


目的:
 体重変化とそのバリエーションを禁煙補助薬などを用いず12ヶ月で成功した人においてメタアナリシスで検証する。

方法:
 the Central Register of Controlled Trials(CENTRAL)、Cochraneデータベースにおいて禁煙の介入をおこなった臨床試験を抽出(ニコチンパッチ、ニコチンアゴニスト、抗不安薬、運動療法など)。また禁煙後の体重についての介入試験をCENTRALより抽出。
 試験は、体重の変化がベースラインからのフォローアップにおいて記載されているものを組み込んだ。ランダム効果・分散逆数で重み付けをおこない(inverse variance methods)、95%の信頼区間が用いられた。禁煙後1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、12ヶ月の体重変化に対する平均標準偏差を求めた。ランダム効果メタ回帰を用いてサブグループ間の差異も調べた。

結果:
 62試験が組み込まれた。治療されていない禁煙成功者において、平均の体重変化は1ヶ月時:1.12 kg (95%CI0.76 to 1.47),2ヶ月時:2.26 kg (1.98to 2.54),3ヶ月時:2.85 kg (2.42 to 3.28), 6ヶ月時:4.23 kg (3.69 to 4.77), 12ヶ月時:4.67 kg (3.96to 5.38)であった。
 平均荷重標準偏差を用いると禁煙後12ヶ月時において、20%程度に体重減少がみられるものの多くは体重増加傾向。体重増加については、異なる薬剤禁煙指導を用いた人においても同様の結果であった。
e0156318_95547100.jpg

結論:
 禁煙成功ののち12ヶ月時にはおよそ4-5㎏の体重増加が起こる。また多くの場合、禁煙開始3ヶ月以内から体重増加はみられている。

by otowelt | 2012-07-13 05:35 | 呼吸器その他

<< EGFR-TKI と殺細胞性抗... 市中肺炎における肺エコー診断は... >>