ソラシックエッグによる外来での気胸治療

呼吸器外科学会から、ソラシックエッグの話題。
簡単に言えば、外来でドレーンを入れて気胸を治療する方法である。7Frドレナージチューブと35mlの容器と2個の一方弁が付いたキットであり、チェストドレーンバッグがコンパクトなので体表に固定をしっかりすれば普通に生活できる。
e0156318_161063.jpg

thoracic vent (SHEENMAN)、ソラシックエッグ(住友ベークライト)が現在流通している簡易型胸腔ドレナージキットである。

有村 隆明ら
ソラシックエッグを用いた自然気胸外来治療の検討
日本呼吸器外科学会雑誌 Vol. 26 (2012) No. 4 p. 364-368


目的:
 自然気胸症例に携帯型気胸ドレナージキットであるソラシックエッグ(以下TE)を用いた外来治療の有用性を検討した。

方法:
 対象は2006年11月から2011年4月までにTEで治療を行った自然気胸患者137例,男性116例,女性21例で患側は右側73例,左側63例,両側1例であった。
穿刺はTEスタンダードセットを使用した。カテーテル刺入部を縫着固定し滅菌パット付き防水フィルムを貼布した。弾性テープで補強を行い皮膚に固定した。
 TEを挿入してから30分後に胸部レントゲン検査を行い,肺の虚脱が進行していないことと再膨張性肺水腫が無いこと,患者の全身状態に異常が無いことを確認して翌日の外来通院と胸部レントゲン検査をおこなった。

結果:
 初発気胸は81例,再発は32例,2回以上の再発は8例,術後再発は16例であった.TEで外来治療を行い得たのは132例であった.84例はTEで治癒,48例はTEの後,手術となった.平均外来治療期間はTEで治癒した場合5.77日,手術となった場合は術前9.75日であった.合併症は1例にTE刺入部の感染,1例にTEの破損,5例にTEの偶発的抜去があったがTEの再挿入は行わなかった.

結論:
 TEを用いた自然気胸外来治療は重篤な合併症も無く,外来通院完遂率も高い.自然気胸患者にとって社会的,経済的負担の軽減の点で非常に有用な治療法であるといえる。

by otowelt | 2012-07-31 16:20 | 呼吸器その他

<< エルロチニブによるネオアジュバ... Runyon分類 >>