ありがとうございました

 たくさんのメッセージありがとうございました。一つ一つにお返事はできませんが、全てが心に響くお言葉でした。近日中にブログを再開する予定です。

 私が初期研修医2年目の頃、1日1つ必ず論文を読むという後輩がいました。非常に知識量の多い後輩で、私は彼に触発されて真似をするようになりました。後輩ではありますが、今でも彼は私が尊敬している医師の1人です。論文を読むだけでは自身の消化になるだけだと思ったので、流行りのブログの形式にしたらどうだろうかと思いました。そうすればブログを見てくださるお医者さんが増えて、結果的にその医師が患者さんに良い医療を提供できるのではないか。そういったきっかけで、この「呼吸器内科医」というブログを作りました。
 特に面白いブログでもないのですが、どういうわけかアクセス人数がなぜかどんどん増えていき1日2000人を超えるようになりました。そのため、呼吸器内科の先生方の間でこのブログを知ってくださる方も多くなりました。このブログを読んで、もし患者さんにより良い医療を提供できたお医者さんがいれば、それこそが私の本望でした。先日上京した時、秋田の呼吸器内科の先生にもブログを見ていますと声をかけていただき、非常に嬉しく思いました(あの場ではあまりお話ができず申し訳ありませんでした)。 
 呼吸器内科は内科の中ではメジャーな診療科ですが、日本の呼吸器内科医は少ないのが現状です。その割に呼吸器内科医が読まねばならない論文は多数あり、日々の業務の中でこれをこなすのは難しいと思います。そのため、簡単に最近の呼吸器内科的な情報が手に入るサイトとして、これからも活用していただければありがたく思います。ひいてはそれが患者さんの幸せにつながるのであれば、心より嬉しく思います。

by otowelt | 2012-10-09 11:51 | その他

<< 気管支拡張症における気道細菌量... お詫び >>