どのくらい曝露すれば結核に感染するのか?

e0156318_1641291.jpg●はじめに
 結核病棟を有する病院ですと、結核患者さんは最初から肺結核だとわかっていることが多いです。しかしながら、肺結核でないと思って入院後精査すると喀痰から結核菌がたくさん検出されたという経験は、結核病棟のない市中病院では時に経験すると思います。
 たとえば、市中肺炎と診断して入院してもらい抗菌薬の点滴治療を開始した患者さんがいたとします。翌朝の喀痰で、大量の結核菌が検出された場合、主治医をはじめ病棟スタッフは大慌てすることと思います。「自分は結核に感染していないだろうか?」という不安を抱いた経験のある方も多いでしょう。

 では、一体どのくらい曝露すれば、どのくらい結核を感染・発病しやすいと言えるのでしょうか?

 感染後、一定の結核菌は何年間もとどまって生存しています。この状態を潜在性結核感染(LTBI)といいます。LTBIは、無症状かつ非感染性です。私たちはこの状態を“感染”と呼びます。LTBIがもし肺結核に進展すれば、それは“発病”となります。そのため、「結核にかかる」ということが“感染”か“発病”かどちらを意味しているのか意識しておく必要があります。約5-10%の結核未治療の接触者が一生のうちに結核を発病するとされており、90%程度の接触者は細胞性免疫による 結核菌の封じ込めに成功しそのまま天寿を全うします。LTBIから結核が発病するリスクは、感染後最初の数年が最も高いとされています。
Jensen PA, et al. CDC. Guidelines for preventing the transmission of Mycobacterium tuberculosis in health-care settings, 2005. MMWR Recomm Rep. 2005: 30;54(RR-17):1-141.

 結核菌に曝露した人が感染する可能性は、基本的には空気中の飛沫核の濃度と結核症患者との接触時間によります。接触の濃厚度と期間が長いほど、感染リスクは当然高くなります。結核患者さんの診療にあたった医療従事者も含め、当該患者さんと同じ空間にいた人を「接触者(contact)」と定義しています。公益財団法人結核予防会が出版している『結核の接触者健康診断の手引きとその解説』には、ハイリスク接触者、濃厚接触者、非濃厚接触者、非接触者という区別がなされております。医療従事者の場合、患者さんの結核菌飛沫核を吸入しやすい医療行為をしていたときには濃厚接触者に該当することがあります。


●8時間以上がリスク?狭い空間がリスク?
 曝露した時間が“8時間以内だから大丈夫”という意見を、時に現場で耳にすることがありますが、これは1996年のNew England Journal of Medicine(NEJM)の論文やWHOのガイドラインに記載されている内容に由来するものです。NEJMの論文はとても有名なもので、1994年4月にホノルルからシカゴ、シカゴからボルチモアまで2フライト、その1ヶ月後にそこからの帰りに2フライト、合計4回の旅客機で移動した多剤耐性結核の韓国人女性に対する接触者の健康診断を調査したものです。旅客機の乗客のうちデータ解析が可能であった760人を対象に調査した結果、フライト2,3は2時間以内と短い時間だったので乗客の結核との因果関係は認められませんでした。しかしフライト4は8時間45分と長いフライトであり、このフライトの乗客で明らかに感染したと思われる人が複数いました。座席表を見ると、韓国人女性の前後列以内の乗客の感染リスクが高いと考えられました(率比8.5, 95%信頼区間 1.7-41.3, p=0.01)。
e0156318_15421794.jpg
 この結果から、曝露時間が結核感染のリスクになるという一つの目安ができました。それを受けて「航空機内で8時間以上接触した場合にリスクが増加する」という記載がWHOガイドラインにあります。8時間というカットオフ値はただのシカゴからホノルルまでのフライト時間であり、この試験の概要を知ればそのカットオフ値の設定に何の意味も持たないことは明白です。密閉空間で3時間濃厚接触した場合であっても濃厚接触者と判断することは実際的にありうる話なのです。だから、8時間がうんぬんという発言自体には実はほとんど医学的意味はありません。
・Kenyon TA, et al. Transmission of multidrug-resistant Mycobacterium tuberculosis during a long airplane flight. N Engl J Med 334:933--8, 1996
・WHO. Tuberculosis and air travel: guidelines for prevention and control. -3rd ed, Geneva: WHO; 2008.


 他にも、感度の高いフローチャートを紹介した論文があり、空洞のない結核患者では1ヶ月120時間を超える曝露をすることが結核の感染リスクであるという論文もあります。
Gerald LB, Tang S, Bruce F, et al. A decision tree for tuberculosis contact investigation. Am J Respir Crit Care Med 166:1122-7, 2002.

 しかし例外はあるもので、たとえば1日15分間をたった3日間だけ結核発病者に接触したような短期間のケースであっても、結核発病にまでいたったという報告があります。恐ろしい。
Golub JE, et al. Transmission of Mycobacterium tuberculosis through casual contact with an infectious case. Arch Intern Med 161:2254-8, 2001.

 曝露時間だけでなく、たとえば曝露空間容積はどうでしょうか。空間の大きさで、1.車内程度の広さ、2.寝室程度の広さ、3.家屋程度の広さ、4.家屋以上の広さ、と分類し、結核感染のリスクを調査した報告があります。当然ながら、狭い1-2の空間サイズの方が接触者の感染リスク(この試験ではツベルクリン反応陽転化)は高いです(オッズ比1.68, 95%信頼区間 1.31-2.14)。結核患者と接触者の共有する空間の容積が小さいほど結核の感染性粒子は濃縮されるため、感染リスクが高くなることは容易に想像できますが、この関係は疫学的に十分にはまだ解明されていません。
Bailey WC, et al. Predictive model to identify positive tuberculosis skin test results during contact investigations. JAMA 287:996-1002, 2002.

 以上のことから、合計何時間接触したのであなたの感染リスクはどのくらい、あなたの発病リスクはどのくらいという具体的な数値は出せません。限られたデータから、寝室より狭い空間であったり8時間以上近い場所にいることはある程度のリスク上昇が起こりうるとしか言えないのが現状ではないでしょうか。

 患者側の因子として咳嗽症状があったり空洞性病変を持っていると、排菌量が多くなるため感染させるリスクが高くなるとされていることはご存知の通りです。逆に曝露側の因子として、元来の結核の発病リスクが高い人がいます。たとえば、外国出生の者、高リスクの施設入所者や労働者、保健医療サービス供給体制が不十分な地域の住民、乳児・小児、HIV感染者、免疫不全宿主、などなど。数え上げたらキリがありません。この中でも特にHIV感染者は特にリスクが高いと言われております。HIV感染者は結核の“発病”リスクはケタ違いに高いとされていますが、“感染”リスクが高いかどうかはまだよくわかっていません。
CDC. Prevention and treatment of tuberculosis among patients infected with human immunodeficiency virus: principles of therapy and revised recommendations. Centers for Disease Control and Prevention. MMWR Recomm Rep 30;47(RR-20):1-58, 1998.

by otowelt | 2012-10-26 00:03 | 抗酸菌感染症

<< 呼吸不全の患者に気管支鏡を施行... Lancet Respirat... >>