癌患者は、抗癌剤治療に過度の期待を持つ傾向がある

 癌を診ている医師にとって、大事な論文です。確かに転移したIV期の癌は、どのような抗癌剤を使用しても本当の意味での完治はありません(例外的に完全寛解というケースはありますが)。どちらかと言えば”付き合っていく病気”という認識のほうが正しいと思います。上手く説明をして、少しでも希望を持っていただくような手法を使う医師も多いと思いますが、悪いニュースも含めて全ての情報をしっかり提供する医師も決して少なくはありません。私は、どちらも間違っていないと思います。
 相手は人間ですから、どちらが正しいという答えが無いのは当然です。臨床医はこの問題に慣れてしまってはいけないと思います。

Jane C. Weeks, et al.
Patients' Expectations about Effects of Chemotherapy for Advanced Cancer
N Engl J Med 2012; 367:1616-1625


背景:
 転移性肺癌あるいは転移性大腸癌は、化学療法によって生存期間が数週間から数ヶ月延長し、症状が緩和される可能性がある。ただ、癌の治癒そのものが得られるわけではない。

方法:
 癌治療転帰調査サーベイランスCancer Care Outcomes Research and Surveillance(CanCORS)研究(アメリカのプロスペクティブ観察コホート研究)の参加者で、癌診断後4ヶ月の時点で生存しており、新たに診断された転移性肺癌または転移性大腸癌に対して化学療法を受けた1193人を対象とした。
 化学療法によって治癒する可能性があるという期待をもっている患者の割合を同定し、この期待に関連する臨床的因子、社会的因子、医療制度因子を検証した。診療録の再検討だけでなく、専門の面接者によって患者情報を得た。

結果:
 1193人(肺癌710人、大腸癌483人)が登録された。全体で、肺癌患者69%と大腸癌患者81%が、化学療法によって癌が治癒する可能性が全くないことを理解しているという回答をしなかった。多変量ロジスティック回帰では、化学療法に関する誤った考えを報告するリスクは、大腸癌患者のほうが肺癌患者よりも高く(OR1.75; 95% CI, 1.29 to 2.37)、非白人患者やヒスパニック系患者では非ヒスパニック系白人患者よりも高く(ヒスパニックOR2.82; 95% CI, 1.51 to 5.27; 黒人OR 2.93; 95% CI, 1.80 to 4.78)、医師とのコミュニケーションについてとても良好であると評価した患者では、あまり良好でないと評価した患者よりも高かった(OR for highest third vs. lowest third, 1.90; 95% CI, 1.33 to 2.72)。
 社会的教育水準、身体的機能状態、意思決定における患者の役割と、化学療法に関する過度の誤認との関連はなかった。
e0156318_95137.jpg
結論:
 化学療法を不治の癌に対して受けている患者の多くは、化学療法によって癌が治癒する可能性は低いことを理解していない可能性がある。ゆえに十分な情報に基づいて、自身の意向に沿った治療を決定する能力に欠けている可能性すらある。医師は患者の理解を深めることが可能であるが、ただしこれが患者満足度の低下という代償を伴うおそれもある。

 最後はこういった一文で締めくくられています。
"Efforts to incorporate earlier and more effective end-of-life care must address honestly and unambiguously patients’ unrealistic expectations about the outcomes of chemotherapy."

by otowelt | 2012-10-29 05:48 | 肺癌・その他腫瘍

<< メトホルミンは癌死亡リスクを減少 歯周病はCOPDのリスク >>