吸入β刺激薬で治療されている成人気管支喘息発作に対してアミノフィリン点滴はアウトカム改善せず

e0156318_224778.jpg 気管支喘息発作に対して、個人的にはアミノフィリンを使うことはあまりありません。
 小児科領域のシステマティックレビューでは、β2刺激薬やステロイドにアミノフィリンを加えることで、投与6時間以内の呼吸機能の改善をもたらしたという結果がありますが、インパクトはやはり小さいものです。
Mitra A, et al. Intravenous aminophylline for acute severe asthma in children over two years receiving inhaled bronchodilators. Cochrane Database Syst Rev. 2005 Apr 18;(2):CD001276.
 日本ではアミノフィリンがどうも好まれている印象がありますが、少なくともテオフィリンなどのキサンチン誘導体を内服している患者さんにすぐに点滴をおこなうような真似だけはしたくないものです。

Nair P, et al.
Addition of intravenous aminophylline to inhaled beta(2)-agonists in adults with acute asthma.
Cochrane Database Syst Rev. 2012 Dec 12;12:CD002742. doi: 10.1002/14651858.CD002742.pub2.


背景:
 気管支喘息は、時にあるいは頻繁に増悪をもたらし救急部の受診の原因となる慢性の病態である。アミノフィリンは、急性の気管支喘息発作で広く用いられてきた。しかしながらその役割については、特に吸入β2刺激薬への追加的利益では明らかでない。

目的:
 救急部で急性の気管支喘息発作に対して吸入β2刺激薬に加えて静注点滴アミノフィリンで治療をおこなう意義を検証する。

方法:
 Cochrane Airways Group registerより試験を抽出(MEDLINE, EMBASE, CINAHL standardised searches)。Abstractを読み、手作業で呼吸器系ジャーナルも参照した。2人の独立したレビュアーがスクリーニングをおこない、信頼性のある論文を抽出した。2012年9月まで参照した。
 試験は、吸入β2刺激薬で治療されている成人の気管支喘息発作患者に対してアミノフィリン点滴とプラセボ点滴にランダムに割り付けられた比較試験を選んだ。ステロイドやほかの気管支拡張薬の有無は問わないものとした。

結果:
 15試験が前回のコクランシステマティックレビューで組み込まれたが、今回さらに2試験を追加した。スタディの質は中等度であった。アミノフィリンの用量やほかの使用薬剤についてスタディ間の異質性が確認され、試験間で気管支喘息発作の重症度にも差異がみられた。
 アミノフィリンの点滴は、入院率(OR 0.58; 95% CI 0.30 to 1.12; 6 studies; n = 315)に統計学的な有意差をもたらさなかった。2000年のシステマティックレビューと同様に、気流制限アウトカムについても利益をもたさなかった。
 アミノフィリン治療患者では、動悸や不整脈(OR 3.02; 95% CI 1.15 to 7.90; 6 studies; n = 249)、嘔吐(OR 4.21; 95% CI 2.20 to 8.07; 7 studies; n = 321)の副作用が有意にみられた。しかしながら、振戦については有意差はなかった(OR 2.60; 95% CI 0.62 to 11.02; 5 studies; n = 249)。

結論:
 救急部を受診した成人の気管支喘息発作に対して吸入β2刺激薬にアミノフィリンの点滴を加える意義は臨床的に乏しく、入院率を減らすものでもない。100人にアミノフィリンを点滴するごとに、20人に嘔気を、15人に不整脈や動機をもたらすことを考えれば、利益とリスクを天秤にかければ少なくとも推奨される治療法ではない。


by otowelt | 2013-01-10 00:47 | 気管支喘息・COPD

<< 非小細胞肺癌においてEGFR-... CRPと呼吸機能減衰は男性にの... >>