血清アンジオテンシン2の上昇は急性肺傷害の予測能を高める

e0156318_16464353.jpg
 Proceedings of the American Thoracic SocietyがAnnals of the American Thoracic Societyに変わったのをきっかけに、4月からブルージャーナル(American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine)のサイトがATSジャーナルとして新しくなりました。
 ATSジャーナルとして、American Journal of Respiratory Cell and Molecular Biology、American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine、Annals of the American Thoracic Societyの3つがまとめられています。

Ashish Agrawal, et al.
Plasma Angiopoietin-2 Predicts the Onset of Acute Lung Injury in Critically Ill Patients
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, Vol. 187, No. 7 (2013), pp. 736-742.


背景:
 現在の急性肺傷害(ALI)における臨床的予測スコアは限定的な陽性予測価値しかない。また、重症患者においてこれを予測するための血清バイオマーカーは評価されていない。

目的:
 血清アンジオテンシン2(Ang-2)、von Willebrand因子factor (vWF)、インターロイキン8(IL-8)、または糖化最終産物受容体(sRAGE)がALIを予測できるかどうか検証した。

方法:
 救急部において、血清サンプルが重症患者230人から採取された。ベースラインでALIを有する患者あるいは引き続き6時間でALIを発症した患者は除外され、残りの登録患者がALIを発症したかどうか調べた。

結果:
 19人の患者が血清サンプルを採取された少なくとも6時間後にALIを発症した。Ang-2およびIL-8の高値は、ALI発症と関連していた(それぞれP = 0.0008, 0.004)。敗血症や血管作動薬の使用で補正をおこなっても、Ang-2とALI発症の関連性は極めて強かった。Ang-2と肺傷害予測スコアは、ALIを発症した患者としていない患者の間で独立して鑑別可能で、両方を組み合わせて使うことでAUC0.84の診断能が得られた(片方でAUC0.74で、これらを比較するとP = 0.05)。それに対して血清sRAGE、vWFはALIを予測しなかった。

結論:
 Ang-2のような血清バイオマーカーは、肺傷害の臨床予測スコアの診断能を高め、ALIの高リスク患者を同定するのに役立つ。加えて、早期のAng-2上昇はALI早期における上皮傷害の重要性を投げかけるものである。


by otowelt | 2013-04-02 00:27 | 集中治療

<< イレッサ訴訟、最高裁判決 医師と看護師の喫煙率 >>