ステロイド内服開始1ヶ月以内は肺塞栓のリスクが高い

e0156318_23212863.jpg ステロイド使用と肺塞栓の症例対照研究です。リスクが高いといっても、実臨床では内服初期から全例塞栓の予防をおこなうのは現実的ではありません。

Danka J. F. Stuijver, et al.
Use of Oral Glucocorticoids and the Risk of Pulmonary Embolism
A Population-Based Case-Control Study
CHEST 2013; 143(5):1337–1342


背景:
 内因性のステロイド過剰は静脈血栓塞栓症(VTE)のリスク因子と考えられる。外因性のステロイド使用がVTEのリスクかどうかはまだわかっていない。われわれはステロイドを使用している患者の症候性の肺塞栓症(PE)のリスクを定量化した。

方法:
 オランダの集団ベース薬局登録システム:PHARMO Record Linkage Systemによる症例対照研究を実施した。症例は4495人のPEで初回入院した1998年から2008年までの患者で、年齢・性別マッチした16802人のPEの既往のないコントロールを登録した。
e0156318_2391028.jpg
A:ステロイド開始のタイミング、B:ステロイド内服期間

結果:
 平均年齢はいずれも60歳で、57%が女性だった。
 PEのリスクは、ステロイド薬曝露から最初の30日に最も高かった(補正オッズ比5.9, 95%信頼区間 2.3-3.9)。また、1年超の長期使用者については、使用中はゆるやかにそのリスクは低下していった(オッズ比1.9、95%信頼区間1.3-2.9)。低用量ステロイド使用(プレドニゾン換算で1日用量5mg未満)は2倍のPEのリスク増加をもたらした(オッズ比1.8、95%信頼区間 1.3-2.4)。また、高用量(プレドニゾン換算で1日用量30mg超)は10倍のリスク増加をもたらした(オッズ比9.6、95%信頼区間 4.3-20.5)。
e0156318_23141272.jpg

 使用期間と使用量の層別化では、用量に関係なく直近でステロイド内服をはじめた患者でPEリスクは高かった。
e0156318_2316326.jpg
結論:
 経口ステロイド治療は、特にステロイド投与後初期1ヶ月の間でのPEのリスクを増加させるかもしれない。


by otowelt | 2013-05-12 00:02 | 内科一般

<< 出版のお知らせ:「寄り道」呼吸... ARTEMIS-IPF試験:I... >>