ATS 2013:目次

e0156318_141062.jpg
現在フィラデルフィアでアメリカ胸部疾患学会(ATS)の総会が開催中です。ページが複数にわたるため目次を作成します。



ATS 2013 目次
●感染症
・大きな道路の近くに住む小児ほど呼吸器感染症を起こしやすい
・慢性緑膿菌感染を有する気管支拡張症に対してプロミキシンのネブライザー吸入が有効
・呼気に電子鼻を用いることで侵襲性肺アスペルギルス症を早期診断できる可能性がある
・入院を要する肺炎へのアジスロマイシンは循環器系副作用をやや上昇させるが総死亡率は低下させる
・長期血液透析患者の市中肺炎は医療ケア関連肺炎として扱わなくてよい?
・クロファジミン含有レジメンは多剤耐性結核に有効
・PET-CT検査で検証した潜在性結核感染と肺門部リンパ節炎の関連
・非結核性抗酸菌症に対するリネゾリドの使用
・リファンピシンの妥当な用量は?
・胸水中プロカルシトニンの有用性
・胸水中ADAが100IU/Lを超える場合、結核性胸膜炎は考えにくい

●閉塞性肺疾患
・ベルギーにおける気管支拡張症の長期生存解析データ
・中等度の気管支喘息に対するチオトロピウム吸入は吸入ステロイド薬への上乗せ効果がある
・COPD患者の6分間歩行距離370m未満は死亡の独立予測因子
・重度の気腫に対する気管支鏡的肺容積減量コイル(LVRC)は短期的・長期的にも有効
・COPD患者の身体活動レベルを増進させるための歩数計プログラム
・抑うつのあるCOPD患者ではインターロイキン6が重要な役割を持つ
・ショウガが気管支喘息に効く!?

●粉塵曝露
・世界貿易センタービル倒壊後の粉塵曝露患者における炎症と気道抵抗の関連
・世界貿易センタービル倒壊後の粉塵曝露によるサルコイドの呼吸機能とバイオマーカー

●サルコイドーシス
・サルコイドーシス患者の末梢血および気管支肺胞洗浄液ではTh17/Treg細胞比が上昇する
・慢性サルコイドーシスに対してウステキヌマブおよびゴリムマブはプラセボと比べても効果が乏しい
・線維化を伴う肺サルコイドーシスの急性増悪は、気管支拡張症患者や抗TNF治療を受けている患者に多い

●びまん性肺疾患
・特発性器質化肺炎は肺胞腔内にフィブリン沈着が高度である場合に再発しやすい
・関節リウマチによる間質性肺疾患では機能的減衰とMMP-7上昇がみられる
・関節リウマチによる間質性肺疾患における胸部HRCTのdefinite UIPパターンは、特異度は高いが感度は低い
・安静時動脈血酸素飽和度の変化は特発性肺線維症の予後予測因子である
・間質性肺疾患の診断に外科的肺生検が不要な症例
・ベースラインの6分間歩行距離が短い間質性肺疾患患者は呼吸リハビリテーションによる恩恵が大きい
・リンパ脈管リンパ筋腫症において血清VEGF-D値は疾患重症度や乳び胸と関連
・特発性肺線維症の臨床試験における肺活量と臨床的エンドポイントの解離
・特発性肺線維症の総死亡率を検証する試験は実現不可能かもしれない
・特発性肺胞蛋白症における全肺洗浄は吸入GM-CSF治療よりも再発リスクが高い
・関節リウマチによる間質性肺疾患の急性増悪のリスク因子
・クライオプローブにおける診断能
・特発性肺線維症におけるPINPOINT治療の有効性
・MUC5Bと特発性肺線維症の関連
・プロトンポンプ阻害薬は特発性肺線維症の生存期間を延長、DDAH阻害メカニズムが関与か
・テロメア長が短いと特発性肺線維症の生存期間が短縮

●集中治療
・Yステントの気管支鏡的挿入案
・血清ナトリウム値の異常はICU患者の死亡リスクを上昇させる
・ハイフローネーザルカニューラの使用により抜管後呼吸不全の再挿管を予防できる
・肺炎患者において過剰な水分バランスはアウトカムを不良にする
・ウィーニング時に音楽をかけることで不安を軽減できる
・ICUにおける非薬剤性のせん妄は予後不良

●その他
・CTガイド下生検による気胸に対する対側吸引法
・睡眠呼吸障害とAlzheimer病に発症の因果関係があるかもしれない
・マシテンタンは肺高血圧症の死亡・入院リスクを減少
・インターロイキン6と肺癌の関連
・血液検査を用いなくともLightの基準と同等の診断能が可能
・非小細胞肺癌における外科手術の人種差



by otowelt | 2013-05-23 12:00 | 呼吸器その他

<< REDUCE試験:COPD急性... ATS2013:ショウガが気管... >>