ATS2013:胸水中プロカルシトニンの有用性

e0156318_1115897.jpg


A. Das, et al.
Diagnostic Value Of Pleural Fluid Procalcitonin (PCT)
ATS 2013, May 21, 2013, Poster Discussion


概要:
 76人の胸水患者を登録し、18人の胸水が感染性だと判明した。これらの胸水中生化学パラメータを測定し、プロカルシトニンが診断パフォーマンスに寄与するかどうか検証した。胸水中プロカルシトニンは有意に感染性胸水で高かった(p=0.0008)。鑑別に最も有用な胸水中のプロカルシトニンのカットオフ値は0.9ng/dlで、この場合感度61.1% (95%CI 0.55-0.98)、特異度96.6% (95%CI 0.78-0.95)、陽性適中率84.6% (95%CI 0.36-0.83)、陰性適中率88.6% (95%CI 0.88-0.99)だった。
e0156318_21462079.jpg



by otowelt | 2013-05-21 23:44 | 感染症全般

<< ATS2013:血液検査を用い... ATS2013:特発性肺線維症... >>