症例報告:難治性気胸に対して気管支鏡的自己血注入が奏効した症例

症例報告を紹介します。

Wiaterek, Gregory, et al.
Bronchoscopic Blood Patch for Treatment of Persistent Alveolar-Pleural Fistula
Journal of Bronchology & Interventional Pulmonology:April 2013 - Volume 20 - Issue 2 - p 171-174


 人工呼吸器を装着したCrohn病を有する56歳の両側難治性気胸で、気管支鏡下に3mlの自己血を注入し、エアリークを止めたという症例報告。

 難治性気胸でEWSが効果を発揮することが知られていますが、自己血を注入するという観点もあるのだと感心しました。50%ブドウ糖液を注入したらどうなるんでしょうか。


by otowelt | 2013-05-26 11:47 | 気管支鏡

<< 結核診療で使用されているリファ... 肺癌患者の自殺率は一般人口集団... >>