タルセバ®適応拡大へ

http://chugai-pharm.jp/hc/ss/pr/drug/news/detail/1259605370854/1.html

 タルセバ®は、新たな効能・効果として「EGFR遺伝子変異陽性の切除不能な再発・新構成で、がん化学療法未治療の非小細胞肺癌」を承認取得しました。EURTAC試験およびJO22903試験の2試験に基づきます。
 これにより、タルセバは非小細胞肺癌おいて、EGFR遺伝子変異が陽性であればファーストラインでの使用が可能となりました。



by otowelt | 2013-06-24 00:11 | 肺癌・その他腫瘍

<< 診断・治療Q&AサイトMDQAの紹介 スマホは病原微生物のコンタミネ... >>