中枢神経系癌腫症に対するタルセバ®はイレッサ®より有効か

e0156318_12495260.jpg タルセバ®がファーストラインに適応拡大したこともあり、EGFR-TKIの選択がこの先どうなっていくのか興味深いところです。

Lee, Eunyoung, et al.
Erlotinib Versus Gefitinib for Control of Leptomeningeal Carcinomatosis in Non-Small-Cell Lung Cancer.
Journal of Thoracic Oncology, in press, doi: 10.1097/JTO.0b013e318294c8e8


背景:
 非小細胞肺癌(NSCLC)における軟膜癌腫症:Leptomeningeal carcinomatosis (LMC)は、EGFR-TKIが使われる昨今においても臨床的に重要な神経学的合併症である。この試験の目的は、NSCLCにおけるLMCのコントロールにおいてゲフィチニブ(イレッサ®)とエルロチニブ(タルセバ®)を比較することである。

方法:
 われわれは2004年から2012年までソウル国立大学病院においてレトロスペクティブに25人のEGFR-TKIを使用したLMCの患者の診療録を抽出した。髄液穿刺によって3回連続で細胞診陰性がみられた場合、悪性所見がないものと定義した。細胞診陰性率を両群で比較した。

結果:
 9人の患者がexon21遺伝子変異を、8人の患者がexon19欠失を有していた。25人中9人はすでにEGFR-TKIを使用されており、LMC発症の後に他のEGFR-TKIにスイッチされていた。他の16人はLMCの診断を受けてからEGFR-TKIを使用された。全ての患者は、メソトレキセートを含む髄腔内化学療法を受けていた。6人はさらに全脳照射を受けた。
 ゲフィチニブとエルロチニブはそれぞれ11人と14人に投与されていた。10人の患者は髄液細胞診陰性となったが、15人は陰性化しなかった。エルロチニブ治療を受けた患者は細胞診陰性率がゲフィチニブよりも高かった(64.3% [9 of 14] vs 9.1% [1 of 11]、p = 0.012)。
e0156318_124107.jpg
(多変量解析:文献より引用)

結論:
 NSCLC患者におけるLMCのコントロールにおいて、エルロチニブはゲフィチニブより良好であることが示唆される。さらなる前向き研究が望ましい。


by otowelt | 2013-07-09 00:08 | 肺癌・その他腫瘍

<< 肺癌患者の病原微生物の気道コロ... 喀痰中NGALはCOPDと気管... >>