Black bronchoscopy:黒色気管支鏡所見

 気管支鏡中に黒くなる所見といえば、気管支鏡の破損くらいしかお目にかかったことがありません(誰しも経験したくありませんが)。ご紹介するのは、煤(すす)による症例報告ですが、ほかにもメラノーマの転移(J Bronchology Interv Pulmonol. 2010 Apr;17(2):146-8.、Respiration. 2003 Mar-Apr;70(2):206.)が報告されています。

Ribeiro, Carla, et al.
"The Black Bronchoscopy": A Case of Airway Soot Deposition
Journal of Bronchology & Interventional Pulmonology. 20(3):271-273, July 2013.


 ”black bronchoscopy(黒色気管支鏡所見)”という言葉は、気道に黒色の沈着がみられるときに使用する。いくつかの原因があるが、きわめてまれな所見である。
 われわれは71歳の女性主婦で、在宅の火事によって起こった大量の煤(すす)が沈着した”black bronchoscopy”の症例を経験した。
e0156318_16543663.jpg
(文献より引用)


by otowelt | 2013-07-31 00:31 | 気管支鏡

<< 日本人のサルコイドーシス患者で... システマティックレビュー:胸部... >>